ドクターからのメッセージ

渡邊倫子ドクターからのメッセージ

渡邊倫子ドクター写真

女性だけでなく、男性も不妊治療を

皆様こんにちは。私は渡邊倫子と申します。
私は医師になった当初、実は癌治療を専門にしようと思っておりました。大学医局員時代にはお産等含め産婦人科診療を一通り研修した後、専門を選択するのですが、不妊症治療の研修を行っている時に、長く先が見えない戦いを強いられている方が少なからずいらっしゃる現実を目の当たりにし、不妊症治療の専門医を目指すようになりました。

そして様々な施設で勉強をさせて頂いてるうちに、「赤ちゃんを産むためには、女性へのテコ入れだけでは不十分なのではないか?」という考えに至りました。

男性不妊専門医に師事して、実際に不妊症カップル男女両者の検査や治療を行うようにしたところ、益々その考えは強くなりました。

不妊症や不育症といった、我々が扱う領域は、「昨日の常識、明日の非常識」とも言える世界で、未だ必勝法が無く、発展途上なのです。

とかく我が国では、不妊症にまつわる検査治療は、もっぱら女性のみが頻回に通院する、という「文化」があります。しかしながら、実は我が国の男性も、検査治療を受けたいと考えていることが明らかになりました。
男性が検査治療を積極的に受けることで、赤ちゃんを得るまでの時間を短縮できることもあります。

「働き方改革」が行われている中、間もなく平成という時代が終わりをつげます。皆様も「不妊症検査・治療改革」を行ってみませんか?前職で、男性・女性両者の手術療法や、自然に近い妊娠法から体外受精・顕微授精といった高度な妊娠法まで、幅広く対応していた経験を元に、皆様のお力添えになることができれば幸いです。