オーク式シート法

オーク式シート法とは

着床環境は胚と子宮内膜の相互作用(cross talk)により整っていくことが分かっています。

胚が子宮内膜を刺激する因子を出し、その作用で子宮内膜は胚が着床しやすい状態に変化するのですが、この作用に着目し、子宮内膜の胚受容能を高めるために行われる二段階胚移植という方法があります。Day 3(Day 2)に初期胚を移植し、胚由来の因子により着床環境が整ったところでDay 5に胚盤胞を移植するというものです。

また、胚を培養した培養液中には、子宮内膜の胚受容能を促進する胚由来因子が含まれているという報告があります。シート法(SEET法・子宮内膜刺激胚移植法)は、Day 3(Day 2)に初期胚を移植する代わりに胚を培養した培養液のみを子宮に注入し、Day 5に胚盤胞を移植するという方法で、胚培養液に含まれる胚由来因子が子宮内膜の胚受容能を高め、二段階胚移植と同じ効果が得られると言われています。シート法は二段階胚移植に代わる方法として多胎予防の観点から推奨されることもあるのですが、融解胚移植周期でこの方法を行うには初期胚の凍結が必須という欠点もあります。

オーク式シート法は、この欠点を克服する為に当院が改良した専用の培養液を用います。この培養液には、cross talkに関与する様々な物質が添加されており、胚培養液と同様の効果が期待できます。

cross talk

卵子からの様々な因子の影響で着床環境が整う

オーク式シート法

専用の培養液を注入することによりcross talkと同様の反応が起き着床率UP

メリット

シート法用に初期胚を凍結しておく必要がないので、

①状態の良い胚盤胞のみを効率良く選択し、凍結することができます。
②融解後の胚発育停止による移植キャンセルを避けることができます。
③凍結・凍結保管・融解の費用を最小限に抑えることができます。
④従来法では融解周期毎にDay 3 ~ Day 5の追加培養の費用がかかりますが、本法では不要です。

成績

2017年冬の開始以来、複数の反復着床不全の患者様(いずれも6回以上胚移植をされて妊娠に至らなかった方)が本法を実施され、着床に至りました。

シート 超音波画像

超音波画像「SEET」
SEET

超音波画像「BT」
BT

超音波画像「GS」
GS