卵子凍結とは

卵子凍結とは、将来の妊娠・出産に備えて事前に卵子を採取し、凍結保存しておくことです。「卵子の老化」がマスコミで盛んに取り上げられて久しく、仕事が多忙ですぐに妊娠できないという場合や、パートナーがいない女性が卵子を凍結しておき、妊娠・出産する環境が整ってからその卵子を用いて出産するというケースが最近では増えてきています。
以前は、受精していない卵子は細胞として不安定なため、凍結保存が難しいとされてきました。しかし、近年の凍結技術の向上は目覚しく、高い生存率で卵子を保存できるようになっています。

オーク会では、不妊治療で培った凍結技術により、健康な未婚女性の卵子凍結で実績を上げています。
2016年、当院の患者様が凍結卵子を用いて妊娠し、無事ご出産されました。当院としては特別なことをしているとは考えておりませんでしたが、一般的には画期的なことだったようで「凍結卵子を用いての出産は日本初」として、たくさんのメディアに大々的に取り上げられました。今では、卵子凍結は未婚女性の間で浸透し、当院の患者様で凍結卵子を用いて無事に出産された方がたくさんいらっしゃいます。
卵子は加齢の影響を受けて数や質が低下し、妊娠の可能性が低くなります。将来の妊娠への備えとして最も有効な方法が卵子凍結です。

→ 当院の卵子凍結保存についてはこちらをご覧ください

卵子凍結セミナーのご案内

当院は、大阪と東京で定期的に卵子凍結セミナーを開催しています。エンブリオロジストによる卵子凍結についての説明、実際に卵子凍結をされた患者様の体験談などを聞いていただけます。
また、セミナー後のお茶会では個別にご質問やご相談を受け付けています。