体外受精の治療方針

※あくまで大まかな指針です。
体外受精の基本的な知識についてはこちらを参照ください。

卵巣刺激法

41歳以下

体外受精の治療方針

42歳以上

体外受精の治療方針(42歳以上)

多嚢胞性卵巣症候群

体外受精の治療方針(PCOS)

重症子宮内膜症(腸管・直腸・腟内膜症)

ウルトラロング法

その他

完全自然法、レトロゾール、セキソビットなど

【備考】

■ 周期途中で採卵周期に入る場合: 年齢に関わらず、HMG-MPA法またはHMGセトロ法で開始
■ 刺激中止/キャンセル基準
10mm以上発育卵胞数
(ⅰ) 35個以上 → 卵巣過剰刺激症候群(OHSS)リスクにより中止
(ⅱ) CD15で0個 → 卵胞発育不良により中止

受精法

精液量< 1.5ml または 精子濃度< 15×106/ml または 運動率< 40% の場合:ICSIの可能性

顕微授精(ICSI)の流れ

全胚凍結

全胚凍結の流れ

アシスティッドハッチング (AHA・人工孵化補助)

AHAの流れ

胚移植 (ET)/胚盤胞移植 (BT)

ET、BTの流れ

■ 2個胚移植可能条件
(ⅰ) 35歳以上
(ⅱ)2回以上続けて妊娠不成立
(ⅲ)ご夫婦の強い希望