長期培養・胚盤胞培養

採卵後4~7日目まで培養し、発育した胚や胚盤胞のみを移植、凍結する方法です。早期に分割を停止した胚を除去し、厳密に良好胚を選別することができます。

受精卵は細胞分裂を繰り返し、発育していきます。3~4日目頃までには、細胞分裂の度に細胞数は増え、1個の細胞のサイズは小さくなります。その後、細胞同士が密着し、細胞の表面がつながり合ったコンパクションという状態を経て胚盤胞となります。初期胚とコンパクション以降の胚や胚盤胞では必要とする栄養が異なるので、長期培養の際は3日目に培養液の種類を換えます。

0日目 採卵
媒精又はICSI
採卵・媒精又はICSI    
1日目 前核期 採卵・媒精又はICSI
初期胚のエネルギー源は
ピルビン酸

ピルビン酸を多く含む
培養液

ヒトの卵管液に近い組成
2日目   採卵・媒精又はICSI
  分割期 採卵・媒精又はICSI
3日目   採卵・媒精又はICSI
4日目 コンパクション

採卵・媒精又はICSI
ヒトの場合、
8細胞以降で
コンパクションとなり、
エネルギー源は
グルコースに変わる
グルコースを多く含む
培養液
子宮に近い組成
5日目 胚盤胞

初期胚盤胞
採卵・媒精又はICSI
拡張胚盤胞 採卵・媒精又はICSI
  脱出胚盤胞 採卵・媒精又はICSI
     
  着床妊娠