子宮内膜再生PRP療法
~子宮内膜の薄い方、厚くならない方へ~

PRP療法とは

PRP療法は、再生医療の一種で、ご自身の血液由来の多血小板血漿(たけっしょうばんけっしょう、Platelet-Rich Plasma)を用いた治療法で、近年歯科、関節の治療などへの使用が開始されました。当院では、PRPを子宮内膜が厚くなりにくい患者様の子宮に注入し、PRPに含まれる様々な成長因子により子宮内膜の成長を促進させるために行っています。

子宮内にPRPを注入する治療法はより高度な「第二種再生医療等(*1)」に該当します。当院は、厚生労働大臣から患者様の不妊治療を目的に2019年3月29日にPRP療法の認可を受けました。現時点(2019年5月時点)で、PRP療法を受けられる施設は日本国内では極めて稀です。

*1 再生医療等の安全性の確保等に関する法律 第二条の6項

PRP療法の原理

PRPの主成分は血小板です。血小板は、血液に含まれる成分で、指を切ったときなどに出血を止める働きがあります。また血小板は、血小板由来成長因子(PDGF)、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)、上皮細胞成長因子(EGF)、線維芽細胞増殖因子(FGF)など様々な細胞成長因子を含んでいます。これらの成分が傷口で放出されると、傷口の細胞増殖が活発になり傷の治りが早まります。

PRPを子宮内に注入すると、これらの成長因子が子宮内で放出されます。その結果、子宮内膜で細胞の成長が促進され、子宮内膜が厚くなることが期待できます。子宮内膜が厚くなると移植した胚が着床しやすくなりますので妊娠が期待されます。

対象となる方

PRP療法の対象となる方は、次の項目に該当する子宮内膜が厚くなりにくい方が対象となります。

  • 凍結融解胚移植の周期にホルモンを補充しているにもかかわらず子宮内膜が7 mmに達しなかったため胚移植がキャンセルとなったことがある患者様。
  • 子宮内膜発育不全と診断された患者様。

ただし上記の項目に該当しても、血小板数が基準以下など患者様の安全のため医師の判断で治療を行えない場合があります。

詳細は、お問い合わせください。

料金

80,000円(税別)

※料金は予告なく、変更になる場合がございます。