不妊症、各種検査から体外受精・顕微授精の高度生殖医療技術までをカバー

Y染色体微小欠失分析検査

■ Y染色体微小欠失分析検査とは?

原因が遺伝的な男性不妊症で、Y染色体微小欠失はクラインフェルター症候群に次いで2番目に多く見られます。
Y染色体微小欠失分析検査では、精子形成に重要な働きをもつといわれているY染色体上のAZF(Azoospermia factor)領域の欠失の有無やその部位を調べます。AZF領域は、AZFa, AZFb, AZFcの3領域から構成されており、当院の検査では全ての領域を対象としています。
検査によるAZF領域の欠失の有無およびその部位の特定により、無精子症の方の精巣から精子が精巣内精子採取術 (Testicular sperm extraction : TESE)で採取できるかどうかの可能性が予測できます。

 

 

〔参考〕

EAA (European Academy of Andrology) およびEMQN (European Quality Monitoring Network Group) が発行したガイドラインより

完全欠失部位 TESEによる精子回収の可能性
AZFa 精巣内精子採取の可能性はない
AZFb
AZFb+c
AZFc 精巣内精子採取の可能性があり、
ICSIにより挙児を得る可能性がある

 

 

 

■ Y染色体微小欠失分析検査の方法

患者様の血液を採取し、血液中に含まれるDNAを検査に用いて、AZF領域の欠失の有無やその部位を分析します。

 

 

■ Y染色体微小欠失分析検査の限界

  • 本検査では、AZF領域以外のY染色体微小欠失を検出することはできません。AZF領域の欠失はY染色体微小欠失の94%であり、残りの6%がAZF領域以外の欠失です。
  • 本検査にてAZF領域の微小欠失が検出されない場合の治療法は、現時点では精巣内精子採取術(Testicular sperm extraction:TESE)および細胞質内精子注入法(Intracytoplasmic sperm injection:ICSI)であることに変わりはありません。

 

 

■ 料金

42,850円 (税別)
※料金は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

 

このページトップへ戻る

医療法人オーク会は、開院以来、多くの女性の悩みに耳を傾け、実績と信頼を築き、大阪だけに留まらず、関西を中心に広く全国から通院いただいております。
特に不妊診療では、各種検査から体外受精・人工授精・顕微授精まで高度な技術を幅広くカバーしております。不妊の原因によって、お一人お一人にあった方法で不妊治療を進めていきます。2016年10月には、東京・銀座にもリプロダクションセンターを備えたクリニックをオープンしました。お悩みの方は、是非一度ご相談ください。