不妊症、各種検査から体外受精・顕微授精の高度生殖医療技術までをカバー

〔住吉・銀座〕長期培養・胚盤胞培養

採卵後4~5日目まで培養し、発育した胚や胚盤胞のみを移植、凍結する方法です。早期に分割を停止した胚を除去し、厳密に良好胚を選別することができます。

 

受精卵は細胞分裂を繰り返し、発育していきます。3~4日目頃までには、細胞分裂の度に細胞数は増え、1個の細胞のサイズは小さくなります。その後、細胞同士が密着し、細胞の表面がつながり合ったコンパクションという状態を経て胚盤胞となります。初期胚とコンパクション以降の胚や胚盤胞では必要とする栄養が異なるので、長期培養の際は3日目に培養液の種類を換えます。

 

 

0日目 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目
初期胚の分割イメージ コンパクションから胚盤胞の分割イメージ

初期胚のエネルギー源はピルビン酸

ヒトの場合、
8細胞以降でコンパクションとなり、
エネルギー源はグルコースに変わる

矢印 矢印

ピルビン酸を多く含む培養液

グルコースを多く含む培養液

イコール イコール

ヒトの卵管液に近い組成

子宮に近い組成

 

 

このページトップへ戻る

医療法人オーク会は、開院以来、多くの女性の悩みに耳を傾け、実績と信頼を築き、大阪だけに留まらず、関西を中心に広く全国から通院いただいております。
特に不妊診療では、各種検査から体外受精・人工授精・顕微授精まで高度な技術を幅広くカバーしております。不妊の原因によって、お一人お一人にあった方法で不妊治療を進めていきます。2016年10月には、東京・銀座にもリプロダクションセンターを備えたクリニックをオープンしました。お悩みの方は、是非一度ご相談ください。