不妊症、各種検査から体外受精・顕微授精の高度生殖医療技術までをカバー

不妊治療とダイエット

メタボリックシンドロームをご存知でしょうか?最近、雑誌やテレビなどで、よく見かけます。内臓についた脂肪が原因となって、動脈硬化や高血圧、糖尿病などの生活習慣病になる、というお話です。というと、「中年太りの男性の話じゃないの?」と思われるかもしれません。でも、若い女性の場合であっても、肥満が生理不順の原因になることがはっきりしてきました。

 

脂肪細胞はアディポネクチンというたんぱく質を作るのですが、このたんぱく質がインシュリンの作用を助けています。しかし、一度太ってしまって大きくなった脂肪細胞からは、このアディポネクチンの分泌が減り、動脈硬化を起こすことがわかっています。 同様に最近の研究では、肥満でアディポネクチンが減ると、卵巣の皮が分厚くなって、卵子がうまく育たなかったり、排卵しにくくなったりすることもわかってきました。


つまり、肥満が「生理不順」や「不妊」の原因になるのです。

 

ですから、当院では、肥満を伴う排卵障害の方には、まずダイエットをおすすめしています。また、肥満のまま妊娠しても大変です。妊娠中にダイエットはできません。しかし、産道に脂肪がついたままでは難産になります。たとえ、帝王切開するにしても、脂肪が厚いと傷の治りが悪く、血栓症などの合併症が起きやすくなります。

 

肥満で不妊になり、たとえ妊娠してもリスクが高いとしたら、では、どうやってダイエットしたらよいのでしょう。自己流のダイエットは、あまりお勧めできません。自己流ダイエットでは、必要な栄養素が足りずに肌荒れになるのと同じことで、やせても、かえって排卵の状態をわるくすることも多いからです。

 

健康的なダイエットを言葉でいうのは簡単です。「間食をやめ、バランスのよい食事を腹8分目にし、電車1駅分は毎日歩く・・・」。そうすれば、確かにやせます。しかし、現実には長続きしないことは、誰でも知っています。

 

実際、医学的にも次のようなことがわかっています。脂肪細胞は、食欲を抑えてエネルギー消費を増やすレプチンというホルモンも分泌します。しかし、肥満はレプチンの働きを弱めます。このため食欲が抑えられず、エネルギー消費も低下し悪循環になっているのです。また、遺伝子の型によって、そもそも太りやすい体質の場合もあります。

 

ですので、短期でしかも、健康的にやせるためには、医学的にきちんとしたプログラムが必要です。当院では、医学的管理の下、安全で確実な効果を短期に出せるよう、治療プログラム(オーク式ダイエット)を開発しました。オーク式ダイエットでは、空腹感をほとんど感じることなく低カロリーにでき、かつ、必要な栄養素は欠かしません。つまり、楽にできる効果的なダイエットです。短期間といっても、急速減量期とメインテナンス期をあわせて2 ヶ月かかりますが、その間にリバウンドを抑えこんで、理想的に体重をへらしていきます。自己流ダイエットではなく、このような医学的なダイエット治療で体重をコントロールした上で、不妊治療を受けられるようにおすすめしています。

 

【 実際例 】

不妊症で来院されたAさん。もともと排卵障害があり、月経も不順で、半年から1年に1回あるだけでした。初診時は月経も1年前に1回あっただけでした。身長は165センチで体重81.5キロ、ウエスト106cmの明らかな肥満でした。そのため、まずダイエットしていただき、2ヶ月後に67.5キロと-14キログラムの体重減少に成功。すぐに排卵が回復し、ほどなく自然妊娠されました。

ダイエット特集ページへ

オーク式ダイエットの詳しい情報はコチラ

 

 

このページトップへ戻る

医療法人オーク会は、開院以来、多くの女性の悩みに耳を傾け、実績と信頼を築き、大阪だけに留まらず、関西を中心に広く全国から通院いただいております。
特に不妊診療では、各種検査から体外受精・人工授精・顕微授精まで高度な技術を幅広くカバーしております。不妊の原因によって、お一人お一人にあった方法で不妊治療を進めていきます。2016年10月には、東京・銀座にもリプロダクションセンターを備えたクリニックをオープンしました。お悩みの方は、是非一度ご相談ください。