不妊症、各種検査から体外受精・顕微授精の高度生殖医療技術までをカバー

〔住吉・銀座〕未成熟卵の体外成熟培養(IVM)のご案内

体外受精や顕微授精は、通常の場合は成熟卵に行いますが、稀に、未成熟卵しか得られないことがあります。未成熟卵は体外受精や顕微授精を行っても、殆ど受精しません。そこで、未成熟卵には体外成熟培養(IVM)を行います。

 

体外成熟培養(IVM)とは?

 

○ホルモン剤などを添加した専用の培養液で1~2日培養し、体外で成熟させる方法です。
○IVMを行っても成熟しない卵子も稀にあります。
○IVMで成熟した卵子の受精能や発生能は、体内で成熟した卵子と同じです。
○成熟したことを確認する際、卵子の周りを覆っている顆粒膜細胞を剥がすので、必ず顕微授精が必要になります。(顆粒膜細胞が着いていない卵子は一般体外受精では受精しません)
○卵子が成熟した時点で顕微授精を行うので、改めて精子を採取して頂くか、精子の凍結保存が必要となります。
○IVMで成熟し、受精・分割した卵子は凍結保存し、次以降の月経周期で融解胚移植します。
(子宮内膜と、卵の日齢がずれるため、採卵した周期に胚移植することはできません)
○IVMの費用は個数に関わらず100,000円です。

※キャンセルの場合、45,000円が必要です。

※表示金額は、全て税抜き価格です。

 

IVMは次のような場合に行います。

 

○排卵誘発剤を使用しても体内で成熟しないとき
○排卵誘発剤への卵巣の過剰反応によって起こる卵巣過剰刺激症候群を避けるために、未成熟な段階で採取せざるを得ないとき
○卵胞(卵子が入っている袋)の大きさに卵子の成熟が伴っておらず、充分な大きさになった時点で採卵したにも関わらず、結果的に殆どの卵子が未成熟だったとき
○成熟卵と同時に、未成熟卵が多数採取されたとき

 

実際にIVMを行った卵子

未成熟卵

卵自体が小さく、周りについている顆粒膜細胞も小さく硬い状態です。ピンク色に見えているのは、IVMの培養液です。未成熟卵は、顕微授精を行っても受精しません。

 

通常の体細胞の2倍の染色体(4n=92)を持ちます。成熟卵は、減数分裂により、染色体数が半減(2n=46)したものです。

未成熟卵
IVM(24~48時間)
減数分裂再開
減数分裂再開


成熟卵

IVMで成熟した卵。顆粒膜細胞が軟らかく大きく広がっており、卵自体を見ると成熟のサインである極体が放出されています。成熟卵には、体内で成熟した卵子と同様の受精能があります。

 

第二減数分裂中期に達した卵が成熟卵です。核の分裂により、余剰な染色体が細胞外に放出されます。放出された染色体は「第一極体」と呼ばれ、成熟のサインとなります。

成熟卵
精子
受精
受精


受精卵

精子の進入により減数分裂は完成し、「第二極体」が放出され、受精卵となります。

受精卵

 

 

レスキューIVM

通常のIVMは未成熟卵を採取し、顆粒膜細胞がついた状態で成熟培養を行います。

当院では、顕微授精の際、顆粒膜細胞を剥がした時点で未成熟だった卵に緊急で行う、「レスキューIVM」を行っています。また、dbc-AMPで前培養を行う当院独自の方法で、従来法より良い結果が得られています。

 

このページトップへ戻る

医療法人オーク会は、開院以来、多くの女性の悩みに耳を傾け、実績と信頼を築き、大阪だけに留まらず、関西を中心に広く全国から通院いただいております。
特に不妊診療では、各種検査から体外受精・人工授精・顕微授精まで高度な技術を幅広くカバーしております。不妊の原因によって、お一人お一人にあった方法で不妊治療を進めていきます。2016年10月には、東京・銀座にもリプロダクションセンターを備えたクリニックをオープンしました。お悩みの方は、是非一度ご相談ください。