不妊症、各種検査から体外受精・顕微授精の高度生殖医療技術までをカバー

不妊治療の料金

不妊診療に関しては、保険が適用されるものとそうでないものがあります。特に、人工授精や、体外受精、顕微授精などには保険の適応がありません。
主な不妊治療や検査の費用は以下のように料金を設定しております。治療内容の追加、個々人の反応の違いにより若干の増減がございます。
※表示金額は、全て税抜き価格です。
※注射・診察に来院された場合は、診察料が別途追加となります。
※その他行った投薬、検査等により料金が発生いたします。
※1 回の注射につき、200 円の注射手技料が発生いたします。
※1 回の処方につき、510 円の処方料が発生いたします。
※料金は予告なく、変更になる場合がございます。予めご了承ください。

 

 

 

人工授精

■ 人工授精(AIH)

項目 料金
人工授精(AIH) 容器・抗生剤の料金を含む 19,000円
このページトップへ戻る

 

体外受精

■ 一般体外受精胚移植法(IVF-ET)、凍結胚融解移植の前納金

体外受精(IVF-ET)、凍結胚融解移植を受けられる場合は、コースにより下記の前納金をいただいております。

項目 料金
体外受精(IVF-ET)

注射、飲み薬を使った積極的なコース
(ショート法、ロング法、HMGセトロ法)

前納金  350,000円
飲み薬を使ったコース
(クロミッド法、フェマーラ法)
前納金  250,000円
体に優しい自然なコース
(エストロゲンリバウンド法、自然法、完全自然法)
前納金  190,000円
凍結胚融解移植 前納金   70,000円

※上記料金は、医療控除の対象になります。
※体外受精胚移植( IVF-ET)の場合、月経前にお渡しするGnRHa(ブセレキュア)処方の時点で、概算総料金の35万円をお預かりします。また、凍結胚融解移植の場合、月経前にお渡しする(プレマリン)処方の時点で、概算総料金の7万円をお預かりします。毎回のお支払いはなく、妊娠判定後にまとめてご精算いたします。

 

◆クレジットカードで前納金をお預かりした場合の全額返金について

締め日を過ぎた後の全額返金は、手数料として金額の5%を頂きます。(カード会社の締め日前であっても現金での返金を望まれる場合は同様の手数料が発生します)

◆遠方より体外受精をご希望される方へ

遠隔で治療を行われる場合は、事務手数料を申し受けます。

このページトップへ戻る

■ 一般体外受精胚移植法(IVF-ET)

項目 料金 詳細
排卵誘発、超音波検査、診察、血液検査等 約100,000円~
120,000円
採卵準備のための GnRHa製剤(ブセレキュア)、排卵誘発剤(種類により値段が違います。)、胚移植後の黄体補充、妊娠判定等の料金が含まれます。
採卵(OPU)
採卵数によって、段階的に料金を設定しております。
60,000円 2個まで
上記に加え、1個あたり
5,000円
3個~10個まで
上記に加え、1個あたり
2,500円
11個目~
培養 60,000円 Day3まで培養
胚移植(ET) ※1 50,000円 一般的に体外受精胚移植法を施行した場合、合計で約35万円となります。

※OPUを試みても採卵できなかった場合、60,000円を申し受けます。
※OPUそのものがキャンセルになった場合でも、前日から培養液の準備などをしているため、40,000円を申し受けます。

※1)胚移植(ET)キャンセルの場合は、5,000円を申し受けます。

このページトップへ戻る

■ 体外受精時間外料金

 

採卵

(OPU)

胚移植

(ET)

注射 診察
15,000円 5,000円 - -
日・祝
年末年始(12/29-1/3)
30,000円 10,000円 - -

時間外

<ご希望の時間を指定された場合>
(土・日・祝日、年末年始の場合は、上記料金に加算されます)

17:00
まで

15,000円 5,000円 1,000円
(1回)
3,000円
(1回)

17:00
以降

10,000円

このページトップへ戻る

■ 顕微授精(ICSI)   顕微授精(ICSI)についてはコチラ >>

項目 料金 詳細

顕微授精(ICSI)

80,000円 1個~5個
110,000円 6個~10個
140,000円 11個~15個
170,000円 16個~20個
上記に加え、1個あたり
5,000円
21個目~

スプリット

※スプリットを希望される場合、顕微授精(ICSI)料金に加算されます。

30,000円

一度の採卵で採取された複数の卵を2つのグループに分け、一方は、精子を卵にふりかけて受精させる通常の体外受精(コンベンショナル)、他方は顕微授精(ICSI)を行う方法。

このページトップへ戻る

■ヒアルロン酸成熟精子選別法    ヒアルロン酸成熟精子選別法についてはコチラ >>

項目 料金 詳細

ヒアルロン酸成熟精子選別法

ICSI数により変動します。

20,000円

1個~5個

上記に加え、5個ごとに

5,000円

6個目~

このページトップへ戻る

■ IMSI   IMSIについてはコチラ >>

項目 料金 詳細

IMSI

80,000円 1個~5個
110,000円 6個~10個
140,000円 11個~15個
170,000円 16個~20個
上記に加え、1個あたり
5,000円
21個目~
このページトップへ戻る

■カルシウムイオノフォア    カルシウムイオノフォアについてはコチラ >>

項目 料金 詳細

カルシウムイオノフォア

(細胞膜のカルシウムイオンの透過性を亢進する物質の総称です。ARTでは、卵子の活性化を起こすために用います。受精障害や重度の男性不妊の症例に適応となります。)

20,000円

1個~20個

上記に加え、1個ごとに

5,000円

21個目~

このページトップへ戻る

■長期培養    長期培養についてはコチラ >>

項目 料金 詳細
長期培養・胚盤胞培養 30,000円 発育した胚や胚盤胞を移植、凍結するために行う、採卵後4~5日目までの培養。早期に分割停止した胚を除外し、厳密に良好胚を選別することができます。
このページトップへ戻る

■体外成熟培養(IVM)   体外成熟培養についてはコチラ >>

項目 料金 詳細
体外成熟培養(IVM)※2 100,000円 未成熟卵を成熟させるために行う培養。

※2)体外成熟培養(IVM)をキャンセルされた場合、45,000円を申し受けます。

このページトップへ戻る

■胚・胚盤胞移植(ET・BT)のオプション

項目 料金 詳細
人工孵化補助(AHA)
>> 詳しくはコチラ
レーザー法 50,000円~ 卵の透明体の穴を開ける部分にレーザーを照射して透明体を焼き切る方法。
HCG注入 8,420円  
G-CSF注入 31,540円  
エンブリオグルー 12,000円  
このページトップへ戻る

■IFCE(子宮内膜再生技術)   IFCE(子宮内膜再生技術)についてはコチラ >>

項目 料金
IFCE(子宮内膜再生技術) 32,000円
このページトップへ戻る

■精子採取    男性不妊についてはコチラ >>

項目 料金
顕微鏡下精巣内精子採取術(MD-TESE) 220,000円
膀胱内逆行性精子採取 25,000円
このページトップへ戻る

■胚凍結     胚凍結についてはコチラ >>

項目

料金

胚凍結作業料

30,000円 + 2,000円 × 胚の個数

凍結胚保存料

数量・期間により月単価が異なります。胚の凍結保存料金表はコチラ >>

延長事務手数料

4,000円/回

このページトップへ戻る

■凍結胚の融解、移植(超音波検査費は含まれます。)

項目 料金
凍結胚融解作業料 10,000円 + 2,000円 × 胚の個数
凍結融解胚移植※3 50,000円
薬剤料※4 プレマリン 88錠 1,100円
プレマリン 42錠 420円
デュファストン 84錠 3,220円
ルトラール 28錠 700円

※3)凍結融解胚移植をキャンセルされた場合、5,000円を申し受けます。
※4)別途処方料がかかります。

このページトップへ戻る

■ 精子の凍結    精子凍結についてはコチラ >>

項目

料金

精子凍結作業料

15,000円

4,000円 × セラムチューブ(容器)の個数

凍結精子保存料

数量・期間により月単価が異なります。精子の凍結保存料金表はコチラ >>

凍結精子融解作業料

延長事務手数料

4,000円/回

このページトップへ戻る

■卵子凍結    卵子凍結についてはコチラ >>
不妊治療以外の卵子凍結についてはコチラ >>

項目

料金

卵子凍結作業料

30,000円

3,000円 × クライオトップ※5

凍結卵子保存料

数量・期間により月単価が異なります。 卵子の凍結保存料金表はコチラ >>

凍結卵子融解作業料※6

1クライオトップあたり20,000円

延長事務手数料

4,000円/回

※5)1本のクライオトップで、卵子は3個保存できます。

※6)融解は、クライオトップ単位で行います。

このページトップへ戻る

■ 凍結胚・凍結精子・凍結卵の移管手数料

他院から当院へ、また当院から他院へ凍結胚及び凍結精子、凍結卵を移送される場合、移管手続きが必要となります。その際、下記手数料を申し受けます。

項目 料金
外部より受け入れ 移管手数料 基本料金 27,000円
1 単位あたり 1,000円
海外移管手数料 90,000円
ドライシッパーレンタル料 基本料金※7(7日間以内は一律) 42,500円
延長料金(1 日あたり) 1,000円
液体窒素 7,500円
輸送費 実費
文書郵送費 実費
オーク会より受け入れ 移管手数料 基本料金 0円
1 単位あたり 0円
ドライシッパーレンタル料 基本料金※7(7日間以内は一律) 0円
延長料金(1 日あたり)
液体窒素 0円
輸送費 0円
文書郵送費 実費

※7)遅延・破損等なく返却された場合は返金。

 

項目 料金
外部への払い出し 移管手数料 基本料金 37,000円
1 単位あたり 1,000円
海外移管手数料 90,000円
ドライシッパーレンタル料 基本料金※7(7日間以内は一律) 42,500円
延長料金(1 日あたり) 1,000円
液体窒素 7,500円
文書料 日本語(当院の書式以外) 10,000円
英語(当院の書式以外) 50,000円
輸送費 実費
文書郵送費 実費
オーク会への払い出し※8 移管手数料 基本料金 27,000円
1 単位あたり 1,000円
ドライシッパーレンタル料 基本料金※7(7日間以内は一律) 0円
延長料金(1 日あたり)
液体窒素 7,500円
輸送費 0円
文書郵送費 実費

※8)日時指定がある場合は、適応になりません。外部への払い出しの料金が適応となります。

このページトップへ戻る

遠隔体外受精(IVF)事務手数料 遠方より体外受精(IVF)ご希望の方へ >>

遠隔で治療を行われる際の手数料です。卵胞計測、注射をどこで行うかによって料金が異なります。

項目 料金
通院先 卵胞計測・注射を行う場所
オーク住吉産婦人科に通院の場合の
遠隔体外受精(IVF)事務手数料
オークなんばレディースクリニック
オーク梅田レディースクリニック
オーク銀座レディースクリニック
5,000円
上記以外の医療機関 80,000円
オーク住吉産婦人科 + 自己注射 2,000円
(自己注射在宅指導料)
オーク銀座レディースクリニックに
通院の場合の
遠隔体外受精(IVF)事務手数料

オーク住吉産婦人科

オークなんばレディースクリニック
オーク梅田レディースクリニック

5,000円
上記以外の医療機関 80,000円
オーク銀座レディースクリニック +
自己注射
2,000円
(自己注射在宅指導料)
このページトップへ戻る

■ IVFステイ(オーク住吉産婦人科)(2012年7月23日作成)  詳細はコチラ>>

項目 料金 詳細
日帰り 10,000円 採卵(OPU)や胚移植(ET)の術前後のご休憩にご利用ください。
1泊2日
(食事込み)
12,000円 採卵(OPU)や胚移植(ET)の術前後のご宿泊にご利用ください。
このページトップへ戻る

 

不妊検査

■ 不妊診療検査

項目 料金
自費 保険(3割負担)
ホルモン検査 低温期 (LH FSH E2 PRL P4) 6,770円 2,030円
高温期 (P4) 3,280円 980円
クラミジア検査 抗体(採血) 3,750円 1,130円
抗原検査 3,940円 1,180円
卵胞チェック 1回目 5,300円 1,590円
2、3回目 4,770円 1,430円
卵巣年齢検査(AMH) 7,200円
不育症採血 16,150円
子宮卵管造影検査(HSG) 11,990円 3,600円
慢性子宮内膜症検査 24,000円
フーナーテスト 940円 280円
精液検査(容器の料金を含む) 1,040円
抗精子抗体 6,500円
このページトップへ戻る

■ 男性不妊    男性不妊についてはコチラ >>

項目 料金
自費 保険(3割負担)
精液検査(容器の料金を含む) 1,040円 310円
ホルモン検査 (LH FSH PRL 遊離テストステロン) 6,770円 2,030円
Y染色体微小欠失分析検査 42,850円
このページトップへ戻る

 

その他

■ カウンセリング外来    詳細はコチラ >>

項目 料金
カウンセリング(30分) 5,000円
このページトップへ戻る

■ その他

項目 料金
基礎体温計 2,850円
基礎体温表 290円
DHEA(サプリメント) 5,500円
産み分け ゼリー(ピンク・グリーン) 10,000円
リン酸カルシウム 3.500円
パーコール法※9 60,000円

※9)パーコール法をキャンセルされた場合、30,000円を申し受けます。

 

このページトップへ戻る

医療法人オーク会は、開院以来、多くの女性の悩みに耳を傾け、実績と信頼を築き、大阪だけに留まらず、関西を中心に広く全国から通院いただいております。
特に不妊診療では、各種検査から体外受精・人工授精・顕微授精まで高度な技術を幅広くカバーしております。不妊の原因によって、お一人お一人にあった方法で不妊治療を進めていきます。2016年10月には、東京・銀座にもリプロダクションセンターを備えたクリニックをオープンしました。お悩みの方は、是非一度ご相談ください。