不妊症、各種検査から体外受精・顕微授精の高度生殖医療技術までをカバー

体外受精の治療方針

※あくまで大まかな指針です。

体外受精の基本的な知識についてはこちらを参照ください。

 

卵巣刺激法

 

♦41歳以下

 

体外受精の治療方針

♦42歳以上

 

体外受精の治療方針(42歳以上)

 

♦多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

 

体外受精の治療方針(PCOS)

 

♦重症子宮内膜症(腸管・直腸・腟内膜症)

 

ウルトラロング法

 

♦その他

 

完全自然周期、フェマーラ、セキソビットなど


 

♦備考

 

■周期途中で採卵周期に入る場合: 年齢に関わらず、HMGセトロ法で開始
採卵数4個以上なら次周期ショート法で可

 

■刺激中止/キャンセル基準

10mm以上発育卵胞数   (ⅰ) 35個以上 → 卵巣過剰刺激症候群(OHSS)リスクにより中止
(ⅱ) CD15で0個 → 卵胞発育不良により中止

 

 

受精法

 

ICSIの可能性がある場合

 

顕微授精(ICSI)の流れ

 

 

全胚凍結

 

全胚凍結の流れ

 

 

アシスティッドハッチング (AHA・人工孵化補助)

 

AHAの流れ

 

 

胚移植 (ET)/胚盤胞移植 (BT)

 

ET、BTの流れ

 

 

■2個胚移植可能条件   (ⅰ) 35歳以上
(ⅱ)2回以上続けて妊娠不成立
(ⅲ)ご夫婦の強い希望

 

このページトップへ戻る

医療法人オーク会は、開院以来、多くの女性の悩みに耳を傾け、実績と信頼を築き、大阪だけに留まらず、関西を中心に広く全国から通院いただいております。
特に不妊診療では、各種検査から体外受精・人工授精・顕微授精まで高度な技術を幅広くカバーしております。不妊の原因によって、お一人お一人にあった方法で不妊治療を進めていきます。2016年10月には、東京・銀座にもリプロダクションセンターを備えたクリニックをオープンしました。お悩みの方は、是非一度ご相談ください。