HOME > 不妊診療 > 男性不妊トップページ > ホルモン値に異常がある場合の当院での治療

男性不妊

 

ホルモン値に異常がある場合の当院での治療

 

下垂体ホルモン(FSH、LH)が低く男性ホルモンが低い場合

テストステロンが低い値の場合、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症です。下垂体という脳の一部の機能が低下しているために、精巣の状態が悪く、精子が作られません。

 

一定期間注射をすることにより、精子の改善を認めます。公費負担があります。

 

テストステロンが正常な場合は、副腎の異常が疑われます。泌尿器科での診察が必要になります。

 

下垂体ホルモン(FSH、LH)が高く男性ホルモンが低い場合

精巣内の細胞の状態が悪く、テストステロンが分泌されず、精子も形成されない状態です。原因は様々ですが、この場合、精液中に精子が存在しないか、あったとしても、非常に少ないことが多いです。

 

精液中に精子を認める場合は、体外受精で顕微授精を行います。精液中に精子を認めない場合は、MD‐TESE(顕微鏡下精巣内精子採取術)で直接精巣内の精子を確認します。

 

また、病理検査で、精子を作る細胞(セルトリ細胞や精子細胞)の確認が必要です。

 

下垂体ホルモン(PRL)が高い場合

PRLは精子形成を妨げるホルモンです。下垂体腫瘍や薬の内服具合により増加します。

ある程度値が高い場合はさらに脳の検査が必要です。

 

 

 

診察をご希望の場合は、お問い合わせの上、男性不妊外来の時間帯にお越しください。
診療時間は、こちらでご確認ください。

このページトップへ