HOME > 不妊診療 > 男性不妊トップページ > ハロースパームテスト (Halo Sperm test)

男性不妊

 

ハロースパームテスト (Halo Sperm test)について

 

精子のDNAフラグメンテーションを調べる検査です。DNAフラグメンテーションはDNAのダメージを意味します。精子の細胞内には遺伝物質(球状にまとまった長いDNA鎖)が入っていますが、正常に見える精子であってもDNAが損傷している場合があり、DNAフラグメンテーションと呼ばれています。ハロースパームテストは精子を染色し、精子頭部の染まり方によってDNAフラグメンテーションの有無を視覚的に判定します(下図)。DNAフラグメンテーションがある精子の割合(SDF値)が30%未満は正常とされています。DNAにダメージをうけた精子を受精させると胚発育や胚の生存能力に影響を与える可能性があるので、SDF値が高い場合は、顕微授精の際に特殊な方法で良好精子を選別する「ヒアルロン酸成熟精子選別法」をお勧めします。

 

DNAフラグメンテーション

300個以上カウント
SDF (%) = (fragmented + degenerated) ⁄ total × 100


 

 

 

診察をご希望の場合は、お問い合わせの上、男性不妊外来の時間帯にお越しください。
診療時間は、こちらでご確認ください。

このページトップへ