中絶後の胎児によるDNA親子鑑定

中絶手術後の胎児(摘出物)を用いて胎児の親子関係を調べるDNA型鑑定です。
DNA鑑定は、次世代シーケンシング(NGS)を使用して胎児のDNAと母親のDNA、そして父親の可能性がある男性のDNAを比較することで行います。

検査可能な検体

中絶後の胎児(摘出物)が必要です。DNAの変性や分解を防ぐために、中絶手術後すぐに胎児組織を採取する必要があります。
そのため事前に検査を申し込んでください。

母親、父親の可能性のある男性のDNAの採取方法

母親と父親の可能性のある男性のそれぞれから口腔上皮を検体として提出していただきます。口腔上皮は、綿棒でほほの内側を採取するだけです。

鑑定の精度

父親であることを肯定する父権肯定確率は99.99%以上、反対に父親ではないときの父権肯定確率0%を最低保証精度として判定します。
なお、理論上100%の鑑定は不可能で、父権肯定確率99.9%の結果を否定する方法は事実上ありません。
ただし、父親と思われる男性が一卵性双生児である場合は、同じ遺伝子型となります。そのため親子鑑定が困難な可能性があります。

鑑定の種類

「私的鑑定」と「法的鑑定」があります。
私的鑑定は、個人的な確認を目的として行われます。
法的鑑定は、裁判や調停などで親子関係を証明するための鑑定です。
なお、それぞれで親子鑑定結果の精度に差はありません。

お申し込みについて

当院で中絶手術を行う方のみ、お申し込みいただけます。

医療法人オーク会
お問い合わせ・ご予約ダイヤル

0120-009-345

【受付時間】
月~土 9:00~17:00
(祝日、年末年始を除く)
※予約の受付は、
日・祝日(9:00~17:00)も
行っております。

※上記番号がご利用いただけない場合は、次の番号におかけください。
TEL 06-4398-1000
(通話料が必要です)