中絶

中期(12週~22週未満)の中絶

中絶手術の流れ

前処置

中絶手術時に子宮頸管が無理なく開くようにするため、手術に先立ち、外来にて「前処置」を行います。これは、ラミナリア桿(またはラミセル)※という細い棒状のものを頸管(子宮の入り口)に挿入する処置です。この処置を2日ほどかけて本数を増やしながら繰り返し、頸管を拡張していきます。回数は、週数や胎児の大きさ、頸管の状態などにより異なります。

※ラミナリア桿、ラミセル
細い棒状のもの。水分を吸収して徐々に膨張し、子宮頸管を広げます。中期中絶の際は、本数を増やしながら前処置を数回繰り返し、最終的には十数本挿入します。

中絶手術

子宮頸管がある程度拡張したら、個室での入院となります。

子宮の中に、メトロイリンテル(通称バルーン)と呼ばれる水風船のようなものを入れ、それを牽引することで子宮収縮を促し、頸管をさらに拡張させます。

※メトロイリンテル
しぼんだ状態で子宮内に挿入し、バルーン内に150mlの蒸留水を注射器で注入していきます。一晩かけて400gのおもりで牽引し、子宮頸管を開大させます。

バルーンが脱出したら、プレグランディンという子宮収縮を促す薬剤を使用して人工的に陣痛を誘発させ、出産と同様の形で胎児を娩出します。麻酔は行いません。