出生前診断について

出生前診断とは、胎内のお子様に、遺伝子や染色体の異常による疾患や、形態の異常がないかどうかを、出生前に検査することです。一般に、新生児の数パーセントが先天的な疾患を持って生まれてくると言われています。その中でも、染色体異常は妊婦の加齢が影響しやすいため、35歳以上の妊娠ではリスクが高くなり、心配してご来院されるご夫婦が増えています。

当院では、安心して妊娠生活を送り、万全の体制でご出産に臨んで頂くために、出生前検査を受けていただくことができます。染色体異常(ダウン症候群など)の検査として、侵襲が少ない「クアトロテスト」や信頼度の高い「羊水検査」を取り扱っています。出生前検査にはいくつかの種類があり、それぞれ、検査の方法や検査を行う時期が異なります。

出生前検査で全ての異常が分かるわけではありませんが、検査をすることにより、高い確率で先天性疾患を見つけることができます。先天性疾患について不安を抱えておられる場合は、一度ご相談ください。

当院で受けていただくことができる出生前検査