精子DNA断片化指数(DFI)検査・
精液中酸化還元電位測定(ORP)検査

一般的な精液検査は、男性の妊孕性の予測や男性不妊の治療方針を検討する上で重要ですが、精子機能(精子の質)を十分に反映できていない可能性が指摘されていました。そのため、男性不妊の分野において精子の質の評価が重要視されつつあります。
最新の世界保健機関(WHO)ラボマニュアル第6版では、精子の質を評価する新たな項目が追加されました。追加された評価項目を調べる検査に、DFI検査とORP検査があります。

DFI検査:精子DNA断片化指数検査

精子DNA断片化指数(DFI、損傷したDNAを持つ精子の割合)および精子核が未熟な精子(HDS)の割合を調べる検査です。
DFIが高い場合では、受精率、胚発生率、妊娠率が低下したり、逆に流産のリスクや子の異常の頻度が高くなったりすることが報告されています。また、男性の不妊に関わらず加齢に応じてDFIが増加することが知られています。
正常男性に比べて不妊男性ではHDSの割合が高いことがわかっており、精子形成機能に大きなレベルの障害を持つことが示唆されています。HDSの割合が高い場合は、受精率、胚の質、妊娠率の低下と関連していることが報告されています。また、精子DNA核の未熟は流産と関連していることも報告されています。

精子を染色し、検査機器で測定すると、下図のように正常精子は青色、DNA損傷精子は赤色、未熟精子は緑色に分類され、それぞれの割合を調べることができます。DFIが24%以下およびHDSが10%以下を正常と判断しています。

ORP検査:精液中酸化還元電位測定検査

精液中の酸化還元電位(酸化ストレス度)を測定する検査です。
ORP(Oxidation Reduction Potential)とは酸化還元電位のことで、酸化物質と抗酸化物質との関連を示しており、精液中の酸化ストレスの指標になると考えられています。酸化ストレスは、精子DNA損傷の主な原因とされています。不妊症の男性は、精液中の活性酸素濃度が高く、抗酸化物質の濃度が低い可能性が高いという研究結果があります。また、WHOは、酸化ストレスを男性不妊に大きく関わる重要なパラメータとして認めており、その評価と管理は男性患者の治療にとって重要であるとしています。
精液中の酸化ストレスが高い場合(精子濃度あたり1.38 mv以上)は、酸化ストレスを下げるように生活習慣の改善や、抗酸化作用があるサプリメントの摂取などが有効であると考えられています。

以下の方に検査をお勧めします

  • 精液検査の所見が不良で、その原因が見当たらない男性の方。
  • 精液所見は良いのになかなか妊娠に至らないカップル。
  • 低受精率や胚の発育不良にお悩みのカップル。
  • 流産を繰り返す経験のあるカップル。
  • 40歳以上の男性の方(男性の加齢とともにDFIは増加する傾向にありますが、若い男性であってもDFIの値が高いこともあります)。
  • 精索静脈瘤がある、またはその手術歴がある男性の方。

精液の提出方法

お渡しした容器に精液を採取し、ご提出ください。ご⾃宅で採取してお持ちいただいても、当院で採取していただいてもどちらでも結構です(コンドームは使用しないでください)。採取してから2時間以内にご持参いただくとより正確な結果が得られます。

※DFI検査+ORP検査セットの場合でも1つの検体で検査可能です。
※精液検査後の精液の残りが0.3 ml未満の場合は、検査を受けていただくことができません。
※精子濃度が100万/ml未満の場合は正確な結果が得られず、検査結果は参考値となります。

料金

DFI検査:¥12,000(税込 ¥13,200) DFI検査+ORP検査セット:¥17,700(税込 ¥19,470)

※どちらの場合も別途精液検査代が必要です。
※ORP検査のみを受けていただくことはできません。
※総額表示義務に基づき、税込価格を記載しています。会計時に計算上の誤差が生じる場合がございます。