不育症・習慣流産

 

不育症の原因

 

不育症にはさまざまな原因があります。妊娠初期の流産の原因の大部分は胎児(受精卵)の染色体異常と考えられており、1回の流産で原因を調べる必要はありません。ところが2回~3回以上繰り返す流産であったり、1回の流産でも妊娠10週以降の場合では両親のどちらかに原因がある場合があるので検査をする意義はあるといえます。

 

夫婦の染色体異常に加えて、女性側の要因として子宮形態異常、内分泌異常、血液凝固異常、免疫異常など種々の要因があります。

 

詳しく調べても異常が見当たらず原因が分からない場合が35~60%ほどあります。不育症の患者様の50%は胎児の染色体異常を偶然繰り返しただけという報告もあります。このような場合は特別な治療を必要とせず、不安を取り除いてから次回妊娠に臨めば妊娠継続の可能性は高いと考えます。
このページトップへ
  • 不妊診療トップページへ
  • 不育症・習慣流産トップページへ
  • 不育症の定義と頻度
  • 不育症の原因
  • 不育症検査
  • 子宮形態検査
  • 内分泌機能(血液検査)
  • 抗リン脂質抗体(血液検査)
  • 凝固系検査(血液検査)
  • 夫婦染色体検査
  • 不育症の治療
  • 子宮形態異常
  • 内分泌異常
  • 抗リン脂質抗体症候群
  • 凝固系異常
  • 原因不明の習慣流産
  • 免疫療法について

 

オーク会不妊ブログへ

 

  • オーク住吉産婦人科不育外来診療時間
  • オークなんばレディースクリニック
  • オーク梅田レディースクリニック
  • オーク銀座レディースクリニック