中国のドクターが当院との連携のため来日されました

オーク会コーディネーターです。

先日、中国より米(メイ)先生が患者様とともにオーク会へ来院されました。
米先生は、中国でも評判の中国医科大学北京航空総医院の先生で、婦人科がん治療の専門家です。

近年、同病院では婦人科受診の患者様は低年齢化しており、将来の妊娠・出産を考慮した治療が求められているそうです。
米先生は、最近増えている婦人科がんの患者様の妊孕性温存のため、当院と連携を取る目的で来院されました。

まずオーク銀座レディースクリニックに患者様と一緒にお見えになりました。
中国の病院では難しい症例だと落ち込んでおられた患者様でしたが、当院での田口先生による診察や検査を受けたあとは、今後の治療の方向性が見えてきたと喜んでいただけました。
当院で処方した薬を持って中国へ帰国なさいますが、これからも米先生のサポートのもと、当院での治療を続けられます。
次は11月に当院に来院される予定。前向きに、これからの妊娠に向けて一緒に頑張っていきましょう。

翌日、大阪のオーク住吉産婦人科にも見学に来られた米先生。当院の先生たちと今後の医療提携についても深く話が弾み、オーク会もこれから患者様のためによりいっそう質の高い治療を目指していきたいと有意義な時間を持てたことに感謝しています。