Home > ニュース一覧 > オーク会は、体外受精の価格に挑戦します。 ~10万円台の体外受精を目指して

オーク会は、体外受精の価格に挑戦します。
~10万円台の体外受精を目指して

 

卵管機能障害や受精障害の可能性のある方や原因不明不妊の方には、すぐにでも体外受精に進んだ方がよい方がたくさんおられます。でも、医学的に完璧な方法では高額になるため、「もう、少し待ってから」、「人工授精(AIH)を続けたい」と言われる場合があります。

 

しかし、体外受精の成功には、年齢の要因がなによりも重要です。また、体外受精は確率の治療ですから、うまくいかなければ、根気よく治療を繰り返す必要があります。少しでも早く、少しでも多く、治療を受けることが成功の鍵です。

 

「気軽に何度も受けていただけるために、なんとか10万円台にしたい」、「安全性を損なわずに、できるだけベストの治療をご提供 したい」

 

そんな思いを形にしようと、スタッフ一同で真剣に何度も、何度も検討を重ねてきました。
そして、ついに税別で18万5千円を切る、「ベーシック体外受精コース」が完成しました。

 

「体に優しい、自然な体外受精コース」を基本として、飲み薬の排卵誘発剤を使いながら、極力、コストを削減することで可能となりました。

 

ベーシック体外受精コースの内容(標準例)

項  目 料金(税別)
経口排卵誘発剤 セキソビッド(3錠×5日分) 500円
 処方料 510円
超音波モニター(2回分) 1,560円
GnRHアンタゴニスト0.25mg注射(1回分) 9,000円
 注射手技料 200円
HCG5000単位注射(1回分) 380円
 注射手技料 200円
採卵(OPU、予定採卵数2個まで)
・OPUを試みても採卵できなかった場合、60,000円申し受けます。
・OPUそのものがキャンセルになった場合でも、前日から培養液の準備等をして いるため、40,000円を申し受けます。
 
60,000円
培養(Day3まで) 60,000円
胚移植(ET) 50,000円
経口黄体補充薬 ルトラール(2錠×14日分) 700円
 処方料 510円
合  計 183,560円

 

もちろん、顕微授精などベーシック・コースに含まれない治療も、全てオプションとして利用可能です。また、コスト比率の高い注射薬を減らしているため、排卵によるキャンセル率が少し上昇しますが、その場合には人工授精(AIH)に切り替えることができます。尚、キャンセルの途中までの治療費が実費精算となります。

オーク住吉産婦人科

オークなんばレディースクリニック

オーク梅田レディースクリニック

このページトップへ

医療法人オーク会TOPへ
ニュース一覧
  • 不妊診療
  • 妊婦健診
  • 婦人科 大阪
  • ダイエット

 

  • オーク住吉産婦人科
  • オークなんばレディースクリニック
  • オーク梅田レディースクリニック
  • オーク銀座レディースクリニック