「不妊に悩む方への特定治療支援事業」について

オーク会検査部です。

厚生労働省のホームページ上で、「不妊に悩む方への特定治療支援事業」の制度の拡充が公表されています(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000047270.html)。

出産を希望する世帯を広く支援するため、不妊治療の保険適用を検討し、保険適用までの間は、現行の助成措置を大幅に拡充することが目的で、第三次補正予算により実施するとのこと。拡充の内容は、

  • 所得制限の撤廃
  • 助成額の増額
  • 助成回数の増加

で、令和3年1月1日以降に治療を終了した周期が対象となるようです。

この制度についてご質問をお受けした際、何名かの患者様には、残念ながら対象外である旨をお伝えした記憶があるのですが、これまで対象外だった方も、制度の拡充により申請できる可能性がありますので、今一度ご確認いただければと思います。

また、申請の手続きは実施主体(都道府県、指定都市、中核市)によって異なる場合もありますので、お住まいの地域の保健福祉センターにお問い合わせいただきたいのですが、当院で治療された分の申請については、当院のヘルプセンターにご連絡いただきましたら無料で申請書をご用意いたします。

なお、助成金の申請には申請期限が設けられており、毎年年度末は申請書作成のご依頼を多数いただきます。混みあってきますと申請書のお渡しまでにお時間がかかってしまう可能性がありますので、ご希望の場合はお早めにお申し出ください。