オーク会ロゴ
  • メインビジュアル メインビジュアル

子宮頸がん予防ワクチンのご案内

当院では子宮頸がんの原因であるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を予防する、子宮頸がん予防ワクチンの接種を行っており、3種類のワクチンをご用意しております。

【2価ワクチン・サーバリックス】

公費対象者である小学校6年生から高校1年生相当の女子は無料で接種できます。
接種回数:3回。
接種のタイミング:1回目の接種を受けた1か月後に2回目を、6か月後に3回目の接種

【4価ワクチン・ガーダシル】

公費対象者である小学校6年生から高校1年生相当の女子は無料で接種できます。
接種回数:3回。
接種のタイミング:1回目の接種を受けた2か月後に2回目を、6か月後に3回目の接種

一般的なスケジュール

HPVワクチンに関するQ&A|厚生労働省より

【9価ワクチン・シルガード9】

任意接種ですので公費負担はありません。全額自費負担となります。
接種回数:3回。
接種のタイミング:1回目の接種を受けた2か月後に2回目を、6か月後に3回目の接種

接種ご希望の患者様は当院ヘルプセンター(0120‐009‐345)にお問い合わせください。