ドクターからのメッセージ

杉山なおみドクターからのメッセージ

杉山なおみドクター写真

一緒に考えながら進んでいきましょう。

新しい生命の誕生はひとつの物語だと私は思います。 卵子が精子と出会い、一緒になり、受精卵となって、子宮に根付いていきます。 私がいま毎日行っている医療は、この物語の一部を助けることであると思います。

私はかつて、お産に携わる医師でした。 生まれてきた赤ちゃんを見て、受精卵の頃はどうだったのか、またそれより前はどうだったのかよく考えました。 とても複雑な生命の物語です。

でも、どうか難しく考えずに「お子さんが欲しい」と考えたら、クリニックの門を叩いてください。 まずは、「生理の周期はどうかな?」「排卵日はいつ頃かな?」から始めて行きましょう。やるべき検査はいくつかありますが、まずは一歩を踏み出すことが大切だと思います。

一緒に考えながら進んでいきましょう。