学会・講演
Society and lecture
0

学会・講演

 

2016

11月5日~6日 第31回日本女性医学学会学術集会

「エストロゲンリバウンド法を受けた不妊治療患者のアウトカム」
(岩木 有里)
11月3日~4日 第61回日本生殖医学会学術講演会・総会

「融解胚移植における プレマリンとエストロジェルとでの 生児獲得率の差異~ランダム化比較試験~」
(Masako K,Taguchi S,Funabiki M and Nakamura Y)

「子宮内膜着床能検査(Endometrial Receptivity Array; ERA)に関する後方視的検討」
(岩木 有里、小畠 美智子、紫藤 千鶴、山口 香織、高野 智枝、佐治 史惠、Louise Kate Young、天野 奈美子、田口 早桐、船曳 美也子、中村 嘉孝)
10月15日~19日 ASRM 2016(American Society for Reproduction Medicine)

「Can the location of a trophectoderm biopsy contribute to human blastocyst development ?」
(Takano Tomoe,Funabiki Miyako,Taguchi Sagiri,Saji Fumie,,Amano Namiko,Young Louise Kate and Nakamura Yoshitaka)
9月15日~16日 第34回日本受精着床学会総会・学術講演会

「新しいICSI法の受精率への影響及び破膜後の卵細胞質膜の回復が受精に及ぼす影響 ~前向きコホート研究~」
(高野智枝、天野奈美子、小畠美智子、佐治史惠、川北彩夏、石川瑞紀、垣井麻莉、川口章子、幸田彩花、中森萌、濱田麻央、中村 嘉孝)
7月3日~6日 ESHRE 2016(European Society of Human Reproduction and Embryology)

「A randomized comparison of live birth rates following hormone replacement regimens for thawed blastocyst transfer」
(Taguchi S,Funabiki M, Nakamura)

「Association of follicular fluid zinc concentration with maturation rate and fertilization rate during ovarian stimulation」
(F. Saji,N. Amano,M. Kobatake,T. Takano,A. Kawagita,M. Ishikawa,L.K. Young,M. Funabiki,S. Taguchi,Y. Nakamura)
5月14日~15日 第57回日本卵子学会学術集会

「血清および卵胞液中の FGF23及びαKlotho値が卵子に及ぼす影響」
(佐治史惠、天野奈美子、小畠美智子、髙野智枝、Louise K Young、川北彩夏、石川瑞紀、中村嘉孝)
5月1日~4日 ICO 2016(The XIII International Congress on Obesity)

「Serum α-klotho concentrations during preimplantation predict clinical pregnancy rates regardless of BMI in pre-pregnancy」
(Funabiki M, Taguchi S, Nakamura Y)
4月21日~24日 第68回日本産科婦人科学会学術講演会

「The blastocoele stage can predict the outcomes of blastocyst transfer for female infertility patients over 40-years-old」
(Funabiki M, Taguchi S, Nakamura Y)
4月3日~7日 The 13th International Congress of Human Genetics ⁄ 第13回国際人類遺伝学会

「Abnormally high levels of serum α-klotho result in a poor outcome for clinical pregnancy - A prospective cohort study -」
(Funabiki M, Taguchi S, Nakamura Y)

このページのTOPへ

2015

11月26日~27日

第33回 日本受精着床学会総会・学術講演会

 

「Kaufmann療法中に妊娠に至ったPOFの症例」

(岩木 有里、田口 早桐、船曳 美也子、林 輝美、多田 佳宏、苅田 正子、中村 嘉孝)

 

「胚盤胞移植の治療成績に影響する胚盤胞形態因子の探索 ~前向きコホート研究~」

(高野 智枝、天野 奈美子、小畠 美智子、佐治 史惠、Young Kate.L、黒木 愛、上浦 奈美、川北 彩夏、石川 瑞紀、中村 嘉孝)

10月17日~21日

71st American Society for Reproduction Medicine Annual Meeting

 

「A randomized comparison of three different hormone replacement protocols for thawed blastocyst transfer」
(Taguchi S, Funabiki M, Hayashi T, Tada Y, Iwaki Y, Karita M, Nakamura Y)

 

「The blastocoele stage and trophectoderm morphology grade predict the pregnancy rate of blastocyst transfers」
(Funabiki M, Taguchi S, Hayashi T, Tada Y, Iwaki Y, Karita M, Takano T, Amano N, Saji F, Young L, Nakamura Y)

 

「The FGF 23 levels in human follicular fluids in the follicular phase of preimplantation are associated with the aging or quality of human oocytes」
(Saji F, Taguchi S, Funabiki M, Amano N, Takano T, Young L, Hayashi T, Tada Y, Iwaki Y, Karita M, Nakamura Y)

8月1日

第33回 武庫川産婦人科セミナー

 

「凍結融解胚盤胞移植における 2種類のホルモン補充に関する ランダム化比較試験」

(Taguchi S、Funabiki M、Hayashi T、Tada、Iwaki Y、Karita M、Nakamura Y)

6月26日~28日

第39回 日本遺伝カウンセリング学会学術集会

 

「不妊治療患者の卵胞期中における血清及び卵胞液中のα-klotho値測定に関する遺伝カウンセリング上の意義」

(Taguchi S、Funabiki M、Nakamura Y)

6月14日~17日

ESHRE 2015

 

「A randomized double blind comparison of two hormone replacement regimens for thawed blastocyst transfer」

(Taguchi S, Funabiki M, Hayashi T, Tada Y, Iwaki Y, Karita M, Nakamura Y)

 

「The blastocoele stage in human blastocysts can be improved by position of the trophectoderm biopsy」

(Takano T, Funabiki M, Taguchi S, Saji F, Young L, Nakamura Y)

5月30日~31日 第56回 日本卵子学会学術集会

「eSET における低グレード胚盤胞の妊孕性についての後方視的検討」
(天野 奈美子、小畠 美智子、高野 智枝、佐治 史惠、長谷 英里、松田 智恵、黒木 愛、Louise K. Young、上浦 奈美、片山 怜花、川北 彩夏、石川 瑞紀、田口 早桐、船曳 美也子、中村 嘉孝)
4月26日~29日 第60回 日本生殖医学会学術講演会・IFFS/JSRM International Meeting 2015(国際生殖医学会学術集会2015)

「A comparison of three hormone replacement regimens for thawed blastocyst transfer and estradiol (E2) levels」
(Taguchi S, Funabiki M, Hayashi T, Tada Y, Iwaki Y, Karita M, Nakamura Y)

「Case report: East meets ICSI; Unkei-to increases the number of oocytes retrieved and improves ovarian response」
(Iwaki Y, Young L, Taguchi S, Funabiki M, Hayashi T, Tada Y, Karita M, Nakamura Y)

「Comparison of the cryopreservation timing of biopsied human blastocysts using non-transferable embryos」
(Saji F, Amano N, Takano T, Young L, Nakamura Y)
4月9日~12日 第67回 日本産科婦人科学会学術講演会

「The effect of time between semen collection and swim-up on the fertilization and blastocyst rate during conventional IVF」
(Funabiki M, Taguchi S, Hayashi T, Tada Y, Iwaki Y, Karita M, Nakamura Y)
3月9日 第47回 関西アンドロロジーカンファレンス

「3種類の精子凍結融解技術の比較」
(Louise Kate Young、田口 早桐、林 輝美、船曳美也子、多田 佳宏、苅田 正子、岩木 有里、中村 嘉孝)
3月4日

N.H.K.生殖医療研究会

「未婚女性の排卵誘発から卵子凍結における技術的課題」
(田口 早桐)

1月10~11日

第20回 記念 日本臨床エンブリオロジスト学会

「低グレード胚盤胞の妊孕性についての後方視的検討」
(天野奈美子、小畠美智子、吉川香織、高野智枝、佐治史惠、長谷英里、松田智恵、黒木愛、ケイトヤング、上浦奈美、片山怜花、川北彩夏、中村嘉孝)

このページのTOPへ

2014

12月14日 日本産科婦人科学会 女性のヘルスケアーアドバイザー養成プログラム

「加齢と妊孕姓」
(船曳美也子)
12月4日~5日

第59回 日本生殖医学会 学術講演会・総会

 

「TESE組織培養における 培養系の検討と精子の分化誘導」
(林輝美 岩木有里 苅田正子 田口早桐 多田佳宏 船曳美也子 中村嘉孝) 

 

「社会的理由による 未受精卵子凍結希望者へのアンケート」
(船曳美也子 田口早桐 林輝美 多田佳宏 岩木有里 苅田正子 中村嘉孝)

 

「融解胚移植におけるプレマリンとエストロジェルの比較」
(田口早桐 林輝美 船曳美也子 多田佳宏 苅田正子 岩木有里 中村嘉孝)

 

「前周期のchemical pregnancyに気づかず体外受精周期に入り、empty follicle のうえにOHSSが遷延した1症例」
(船曳美也子 田口早桐 林輝美 多田佳宏 岩木有里 苅田正子 中村嘉孝)

 

「卵胞液中のレプチン値が不妊治療患者の妊娠に与える影響」
(船曳美也子 田口早桐 林輝美 多田佳宏 岩木有里 苅田正子 中村嘉孝)

 

「酸化ストレスが卵子の質に及ぼす影響の検討」

(林輝美 岩木有里 苅田正子 田口早桐 多田佳宏 船曳美也子 中村嘉孝)
10月31日

論文が掲載されました。

 

「生殖医療と漢方」 (岩木有里 船曳美也子)

産婦人科の実際 vol.63 No.11 現代生殖医療のメインストリーム

9月7日

第32回 武庫川産婦人科セミナー

 

「凍結―融解胚移植におけるプレマリンとエストロジェルの比較研究 -A prospective study- 」

(田口早桐)

8月20日 京都府立医科大学雑誌 

オーク会が写真を提供しました。
7月31日~8月1日 第32回 日本受精着床学会総会・学術講演会

「卵子凍結とその後のTESE-ICSIにより妊娠に至ったCryptozoospermiaの症例」
(高野智枝 天野奈美子 小畠美智子 吉川香織 佐治史惠 長谷英里 松田智恵  黒木愛 Kate Young 中村嘉孝)
5月17日~18日 第55回 日本卵子学会

「カルシウムイオノフォア GM508 Cult-Active の効果の検討」
(船曳美也子 田口早桐 天野奈美子 小畠美智子 吉川香織 高野智枝 佐治史惠 長谷英里 松田智恵 黒木愛 Kate Young 中村嘉孝)
5月14日~16日 SAFE International ART Congress

「Rescue IVM」 (Y. Nakamura)
4月10日

論文が掲載されました。

「肥満症に対する防風通聖散の効果―産婦人科医療におけるアプローチ―」(船曳美也子)
産婦人科 漢方研究のあゆみ No.31

3月24日
論文が掲載されました。

「Do combined psychological stress examinations predict pregnancy outcome in an assisted reproductive technology program?」
(S. Taguchi, T. Hayashi, Y. Tada, K. Kitaya, M. Funabiki, Y. Iwaki, M. Karita, Y. Nakamura)
CLINICAL AND EXPERIMENTAL OBSTETRICS & GYNECOLOGY
3月12日
論文が掲載されました。

「Low follicular fluid tyrosine concentration in infertile women with ovarian hyperstimulation syndrome」
(Namiko Amano, Kotaro Kitaya, Sagiri Taguchi, Miyako Funabiki, Yoshihiro Tada, Terumi Hayashi, Yoshitaka Nakamura)
Biomedical Reports vol2 Issue3
1月30日 論文が掲載されました。

「排卵障害(肥満症)」(船曳美也子)
産婦人科の実際 vol.63 No.3

1月20日 論文が掲載されました。

「A pilot survey on obstetric complications in pregnant women with a history of repeated embryo implantation failure and those undergoing single local endometrial injury」
(Y. Tada, K. Kitaya, N. Amano, M. Kobatake, T. Hayashi, S. Taguchi, M. Funabiki, Y. Nakamura)
CLINICAL AND EXPERIMENTAL OBSTETRICS & GYNECOLOGY

このページのTOPへ

2013

11月26日 第58回 日本生殖医学会 学術講演会・総会

「TESE時のJohnsen's scoreと精子回収とそのアウトカムについて」
(オーク住吉産婦人科:北宅弘太郎 林輝美 多田佳宏 船曳美也子 田口早桐 中村嘉孝、ばばやクリニック:馬場谷勝廣先生)

「dbc-AMPとIBMXによる前処理はIVM成績を改善する」
(小畠美智子 長谷川昭子 天野奈美子 吉川香織 高野智枝 佐治史惠 長谷英里 松田智恵 黒木愛 中村嘉孝)
10月 論文が掲載されました。

「Single curettage endometrial biopsy injury in the proliferative phase improves reproductive outcome of subsequent in vitro fertilization-embryo transfer cycle in infertile patients with repeated embryo implantation failure」
(増殖期中のキュレットを用いた単回子宮内膜損傷は反復着床不全患者の次周期胚移植成績を向上させる)
(Terumi Hayashi, Kotaro Kitaya, Yoshihiro Tada, Sagiri Taguchi, Miyako Funabiki, Yoshitaka Nakamura)
Clinical and Experimental Obstetrics and Gynecology 2013; 40: 323-326.
10月 論文が掲載されました。

「Current understanding of chronic endometritis」
(慢性子宮内膜炎の現状について)
(Kotaro Kitaya, Tadahiro Yasuo, Yoshihiro Tada, Terumi Hayashi, Sagiri Taguchi, Miyako Funabiki, Yoshitaka Nakamura)
Diagnostic Histopathology 2013;19: 231?237
9月27日~29日 The Third International Conference on Reproductive Immunology, Shanghai 2013

「Chronic endometritis in infertility; pathogenesis, epidemiology, diagnosis, treatment」
(不妊症と慢性子宮内膜炎:病態・疫学・診断・治療について)
(Kotaro Kitaya)
9月1日
第33回 産婦人科漢方研究会学術集会

「肥満症に対する防風通聖散の効果 ―産婦人科医療におけるアプローチ―」
(船曳美也子)
8月8日~9日
第31回 日本受精着床学会総会・学術講演会

「OHSS発症症例と非発症症例における卵胞液中の分岐鎖アミノ酸/チロシン濃度の比較」
(天野奈美子 北宅弘太郎 田口早桐 小畠美智子 吉川香織 高野智枝 佐治史惠 紫藤千鶴 山口香織 中村嘉孝)

「慢性子宮内膜炎組織に浸潤する形質細胞の免疫グロブリン・サブクラス発現」
(北宅弘太郎 多田佳宏 林輝美 田口早桐 船曳美也子 中村嘉孝)
7月
論文が掲載されました。

「Current Understanding of Chronic Endometritis」
(Kotaro Kitaya, Tadahiro Yasuo, Yoshihiro Tada, Terumi Hayashi, Sagiri Taguchi, Miyako Funabiki, Yoshitaka Nakamura)
Diagnostic Histopathology, in press
7月7日~10日
ESHRE 2013

「Low follicular fluid tyrosine concentration in infertile patients with ovarian hyperstimulation syndrome」
(OHSS発症症例の低卵胞液チロシン濃度)
(Kotaro Kitaya, M.D., Sagiri Taguchi, M.D., Miyako Funabiki, M.D., Yoshihiro Tada, M.D., Terumi Hayashi, M.D., Yoshitaka Nakamura, M.D.)
5月26日~27日 第54回日本哺乳動物卵子学会

「胚移植時におけるハードカテーテルの種類がIVF結果に及ぼす影響」
(吉川 香織  小畠 美智子  天野 奈美子  高野 智枝  中村 嘉孝)
5月15日~17日 IASO HOT TOPIC CONFERENCES ‘Obesity and Pregnancy’

「The Influence of Body Mass Index (BMI) on Pregnancy Outcomes among Japanese Infertile women」
(日本の不妊女性の妊娠結果にBMIが与える影響)
(Miyako Funabiki, M.D., Sagiri Taguchi, M.D., Terumi Hayashi, M.D., Yoshihiro Tada, M.D., Kotaro Kitaya, M.D., Yoshitaka Nakamura, M.D)
5月15日 論文が掲載されました。

 「防風通聖散を用いた短期集中型ダイエット -排卵障害の改善を狙って- 」
(船曳美也子 田口早桐 林輝美 多田佳宏 北宅弘太郎 中村嘉孝)

このページのTOPへ

2012

11月8日~9日 第57回 日本生殖医学会 学術講演会・総会

「Caffeine intake negatively affects implantation using assisted reproductive technology」
(Sagiri Taguchi, M.D., Yoshihiro Tada, M.D., Kotaro Kitaya, M.D., Terumi Hayashi, M.D., Miyako Funabiki, M.D., Yoshitaka Nakamura, M.D.)

「The Influence of Body Mass Index (BMI) on Pregnancy Outcomes among Japanese Infertile women」
(Miyako Funabiki, M.D., Sagiri Taguchi, M.D., Terumi Hayashi, M.D., Yoshihiro Tada, M.D., Kotaro Kitaya, M.D., Yoshitaka Nakamura, M.D.) 

「Effect of hysteroscopic cervical polyps on difficulty of embryo transfer」
(Yoshihiro Tada, M.D., Kotaro Kitaya, M.D., Terumi Hayashi, M.D., Miyako Funabiki, M.D., Sagiri Taguchi, M.D., Yoshitaka Nakamura, M.D.)
「増殖期中の単回子宮内膜損傷は反復着床不全患者の次周期胚移植成績を向上させる」
(北宅弘太郎,林輝美,多田佳宏,船曳美也子,田口早桐,中村嘉孝)

「体外受精における胚移植日の検討 day2とday3およびday4とday5の比較」
(天野 奈美子 小畠 美智子 鷲尾 奈美 青柳 さやか 小森 江利子 吉川 香織 紫藤 千鶴 大越 唱子 生田 あかね 青木 愛 小池 尚子 中村 嘉孝)
10月24日 論文が掲載されました。

「Single curettage endometrial biopsy injury in the proliferative phase improves reproductive outcome of subsequent in vitro fertilization-embryo transfer cycle in infertile patients with repeated embryo implantation failure」
( T. Hayashi, K. Kitaya, Y. Tada, S. Taguchi, M. Funabiki, Y. Nakamura)
CLINICAL AND EXPERIMENTAL OBSTETRICS & GYNECOLOGY
9月5日 論文が掲載されました。

「Local mononuclear cell infiltrates in infertile patients with endometrial macropolyps versus micropolyps.」
(不妊症患者の子宮内膜単核球:子宮内膜マクロポリープと子宮内膜マイクロポリープでの比較)
(Kitaya K, Tada Y, Taguchi S, Funabiki M, Hayashi T, Nakamura Y.)

Human Reproduction. 2012; 27: 3474-3480
http://humrep.oxfordjournals.org/cgi/content/abstract/des323
9月1日 海外の医療機関からの見学

バンコクのSAFE FERTILITY CENTERの方々が当院に来院され、
Wiwat先生が中心となって、培養室などを見学されました。

SAFE FERTILITY CENTERのページ
http://www.safefertilitycenter.com/index.php?language=english&title=Index
8月30日~9月2日 第30回 日本受精着床学会総会・学術講演会

「レスキューIVMによりART成績は向上する」
(吉川香織 天野奈美子 小畠美智子 神田真由美 鷲尾奈美 青柳さやか 小森江利子 紫藤千鶴 大越唱子 生田あかね 青木愛 小池尚子 中村嘉孝)
6月29日~30日 日本アンドロロジー学会 第31回学術大会

「当院での非閉塞性無精子症症例のTESEの検討」
(オーク住吉産婦人科:多田佳宏 北宅弘太郎 小森江利子 神田真由美  鷲尾奈美 林輝美 船曳美也子 田口早桐 中村嘉孝 、 ばばやクリニック:馬場谷勝廣先生)
7月4日 内分泌研究会

「18mm以上の卵胞が1つにも関わらず、OHSSとなったPCOS症例」
(多田佳宏 北宅弘太郎 林輝美 船曳美也子 田口早桐 中村嘉孝)
6月16日 第126回 近畿産科婦人科学会総会

「融解周期で妊娠成立し、その後OHSSとなった症例」
(多田佳宏 北宅弘太郎 林輝美 船曳美也子 田口早桐 中村嘉孝)
3月7日 論文が掲載されました。

「Diverse functions of uterine proteoglycans in human reproduction (Review).」
総説:子宮プロテオグリカンの生殖における多様な機能
(Kitaya K, Tada Y, Hayashi T, Taguchi S, Funabiki M, Nakamura Y, Yasuo T.)

Molecular Medicine Reports 2012;5:1375-1381.
http://www.spandidos-publications.com/10.3892/mmr.2012.826
2月 KFG研究会

「当院におけるmicroTESE症例の検討」
(多田佳宏  北宅弘太郎  小森江利子  神田真由美  鷲尾奈美  林輝美  船曳美也子  田口早桐  中村嘉孝)

このページのTOPへ

2011

12月8日~9日 第56回 日本生殖医学会 学術講演会・総会

「Short sleeping time negatively affects implantation of assisted reproductive technology」
(睡眠時間が着床に影響する)     
(Sagiri Taguchi, M.D., Miyako Funabiki, M.D., Terumi Hayashi, M.D., Yoshihiro Tada, M.D., Kotaro Kitaya, M.D., Yoshitaka Nakamura, M.D)

「Premature ovulation after administering Gn-RH antagonist cetrorelix」
(セトロタイド投与後の早発排卵症例について)
(Yoshihiro Tada, M.D., Kotaro Kitaya, M.D., Mayumi Kanda, Terumi Hayashi, M.D., Miyako Funabiki, M.D., Sagiri Taguchi, M.D., Yoshitaka Nakamura, M.D) 

「Comparison of pregnancy outcome between D2 versus D3&D4 Versus D5 embryo transfer」
(体外受精における胚移植日の検討 day2とday3およびday4とday5の比較)
(N.Washio, M.Kobatake, N.Amano, M.Kanda, M.Kakiuchi, A.Kondo, E.Komori, K.Yoshikawa, C.shito, K.Yamaguchi, A.Ikuta, N.Koike, A.Aoki, Y.Sato, S.Ohkoshi, Y.Nakamura)
10月15日~19日 67th Annual Meeting of the American Society for Reproductive Medicine Orlando, Florida October 15-19, 2011

「The Influence of Body Mass Index (BMI) on Pregnancy Outcomes among Japanese Infertile women」
(日本の不妊女性の妊娠結果にBMIが与える影響)   
(Miyako Funabiki, M.D., Sagiri Taguchi, M.D., Terumi Hayashi, M.D., Yoshihiro Tada, M.D., Kotaro Kitaya, M.D., Yoshitaka Nakamura, M.D)

「Clinical and Pathological Characteristics of Chronic Endometritis」
(慢性子宮内膜炎の臨床的・病理学的特徴)
(Kotaro Kitaya, Yoshihiro Tada, Sagiri Taguchi, Miyako Funabiki, Terumi Hayashi, Yoshitaka Nakamura)
9月9日~10日 第29回 日本受精着床学会総会 学術講演会

「全層子宮内膜標本を用いた免疫組織化学法による慢性子宮内膜炎症例の臨床疫学的特徴」
(北宅弘太郎  多田佳宏  田口早桐  船曳美也子  林輝美  中村嘉孝)   

「レスキューIVMによりART成績は向上する」
(天野奈美子  神田真由美  小森江利子 中村紗由美   鷲尾奈美  足立唯  宮本沙紀  小畠美智子)    

「子宮内膜の厚さ、胚移植時の出血およびカテーテルの種類はIVF成績に影響を及ぼすか」
(神田真由美  天野奈美子  垣内美咲  小畠美智子  小森江利子  近藤安希子  吉川香織  鷲尾奈美  中村嘉孝)

「Day5胚盤胞到達予測におけるDay2およびDay3初期胚の形態学的評価の有効性の比較」
(小森江利子  小畠美智子   天野奈美子  神田真由美  鷲尾奈美  中村嘉孝)
6月26日 京都生命倫理研究会

「統計の生命倫理」
(中村嘉孝)

このページのTOPへ

2010

11月29日 2010.11.29 株式会社テルモ主催 中国上海メディア向けセミナー

「基礎体温について」
(田口早桐)
11月11日~12日 第55回 日本生殖医学会 学術講演会・総会

「体外受精における胚移植日の検討day2とday3およびday4とday5の比較」
(小畠美智子  天野奈美子  神田真由美  小森江利子 中村紗由美   鷲尾奈美  足立唯  中村嘉孝)
9月12日 第8回 日本生殖看護学会学術集会

「採卵時の疼痛に関するアンケート調査報告」
(紫藤千鶴  中野美和子  青木愛)
7月28日~29日 第28回 日本受精着床学会 総会・学術講演会

「子宮内膜の厚さ、胚移植時の出血およびカテーテルの種類はIVF成績に影響を及ぼすか」
(天野奈美子  神田真由美  小森江利子 中村紗由美   鷲尾奈美  足立唯  宮本沙紀  小畠美智子)
7月11日~15日 11th International Congress on Obesity 2010 Stockholm, Sweden July 11 - 15, 2010

「Effects of obesity and weight loss on Japanese infertile women」
日本の不妊女性において肥満が妊娠結果に与える影響
(Miyako Funabiki, M.D., Sagiri Taguchi, M.D., Terumi Hayashi, M.D.,
Yoshihiro Tada, M.D., Khaled Elbeltagy, M.D., Yoshitaka Nakamura, M.D.)
6月5日 第28回 日本産婦人科感染症研究会

・ P99 「採卵後に発症した骨盤内感染症の検討とその対策」
オーク住吉産婦人科・オークなんばレディースクリニック
(船曳美也子  田口早桐  林輝美  多田佳宏  中村嘉孝)
2月19日~20日 第16回 日本胎児心臓病研究会に協賛しました。

このページのTOPへ

2009

10月17日~21日 Atlanta, Georgia October 17-21, 2009
65th Annual Meeting of the American Society for Reproductive Medicine

「The influence of Body Mass Index (BMI) on pregnancy rates and outcomes among Infertile Japanese women」
(Miyako Funabiki, M.D., Sagiri Taguchi, M.D., Terumi Hayashi, M.D., Hiroaki Ujino, M.D., Yoshitaka Nakamura, M.D.
/ Oak Clinic, Osaka JAPAN)
6月 患者安全推進ジャーナルNo.23  第3回 地域フォーラム
(中村嘉孝)
Spring The Journal of Clinical Embryology Volume 12, Issue 1 ・ Spring, 2009
に論文が掲載されました。

「 A comparison of day-3 versus day-2 and day-5 versus day-4
embryo transfers among in-vitro fertilization patients 」
(Taguchi Sagiri M.D., Funabiki Miyako M.D., Ujino Hiroaki M.D., Hayashi Terumi M.D.,
Elbeltagy Khalid M.D., Amano Namiko M.T., Nakamura Yoshitaka M.D.,)
3月5日~8日 Venezia
13th World Congress on Human Reproduction

The impact of endometrial thickness technical ET catheter issues and day 14 serum
HCG after ovum pick up on the implantation rate and gregnancy outcome
(Elbeltagy K, Taguchi S, Funabiki M, Ujino H, Hayashi T, Nakamura Y, japan)
2月24日 堺女性大学

女性のメタボリックシンドローム「女性の健康とダイエット」
(船曳美也子)
2月7日 第22回 武庫川産婦人科セミナー

「BMIが妊娠率、妊娠結果に与える影響の検討(当院での肥満不妊女性への取り組み)」
オーク住吉産婦人科・オークなんばレディースクリニック
(船曳美也子  田口早桐  氏野博昭  林輝美  Elbeltagy Khalid  中村嘉孝)

このページのTOPへ

2008

10月23日~24日 第53回 日本生殖医学会 総会・学術講演会

P241 「不妊女性においてBMIが妊娠率および妊娠結果に与える影響について」
オーク住吉産婦人科・オークなんばレディースクリニック
(船曳美也子  田口早桐  林輝美  氏野博昭  Elbeltagy Khalid)

P038 「体外受精における胚移植日の検討day2とday3およびday4とday5の比較」
オーク住吉産婦人科
(天野奈美子  市下美智子  井口智佳子  近藤安希子  栃山愛  Elbeltagy Khalid)
8月28日~29日 第26回 日本受精着床学会 総会・学術講演会

「胚移植前の子宮内膜厚、胚移植時のカテーテルの種類と出血、胚移植後の血中hCG値と、
着床および妊娠結果との関係について」
(市下美智子  天野奈美子  田口早桐  船曳美也子  林輝美  氏野博昭  Elbeltagy Khalid)

このページのTOPへ

2006

9月3日~9日 Sydney

10th International Congress on Obesity 2006
6月9日~11日 Seoul

The 5th Biannual Meeting of PACIFIC RIM SOCIETY FOR FERTILITY AND STERITY
Workshop Oocyte Freezing Vitrification

このページのTOPへ

 

医療法人オーク会は、開院以来、多くの女性の悩みに耳を傾け、実績と信頼を築き、大阪だけに留まらず、関西を中心に広く全国から通院いただいております。
特に不妊診療では、各種検査から体外受精・人工授精・顕微授精まで高度な技術を幅広くカバーしております。不妊の原因によって、お一人お一人にあった方法で不妊治療を進めていきます。お悩みの方は、是非一度ご相談ください。