HOME > 不妊診療 > 不妊と漢方トップページ > 漢方の診察:四診

不妊と漢方

 

漢方の診察

 

■ 四診とは

漢方医学では どんな診察となるのでしょうか。
西洋医学では症状を確認し、血液検査や心電図、画像診断(CT MRI等)などを行い、その結果を確認して投薬治療等を行っていきます。
これに対し漢方医学では、血液検査や画像診断と言った方法はとらず、患者様の身体の所見をみて異常を確認し、薬剤を処方していきます。この漢方での診察を“四診”といいます。
四診とは、望診 聞診 問診 切診 のことです。では、この四診察について少しみていきます。

 

 

望診 : 視覚を用いた診察

姿勢 動作 歩き方や背筋が伸びているかなど
顔診 顔色や表情など
頭髪 皮膚 乾燥や色 抜け毛の有無など
舌診 舌苔や形 色 血管の状態など

 

 

聞診 : 聴覚・臭覚を用いた診察

声量 呼吸音  
体臭  

 

 

問診 : 既往歴 現病歴 症状

 

 

切診 : 触診

脈診 手首の動脈の拍動を3本の指で触知する方法
  脈拍数 拍動の強さ リズムなど

 

これらの診察により、患者様の状態をみて漢方を使用していきますが、現在の日本の医療においては、西洋的検査法や治療法を併用することにより、さらに良い結果が得られるものと思います。

このページトップへ