不妊と漢方

 

漢方薬と副作用

 

漢方薬を希望されて受診された方のお話を聞いていると、“漢方薬は副作用の心配が無いから安心“ とか “漢方薬なら妊娠中でも安心“ といったお話をよく聞きます。

確かに漢方薬は天然の植物を原料としていることが多く、食物と似た感覚で服用されているからだと、思います。
しかし、食物でも体質によってはそばでアレルギーを起こすことがあるように、漢方薬でも合わないことがあります。


また、西洋薬との併用ではインターフェロンと併用禁忌の漢方薬や利尿剤や甲状腺製剤との併用を注意しなくてはいけない漢方薬もあります。
さらに複数の漢方薬を服用するとき、生薬(成分)が重複して過剰な量になると、副作用を起こしやすくなることもあります。


もちろん、これらの副作用の頻度は低く、過度な心配は必要ありません。まずは、漢方薬でも副作用があることを知っていただき、ご本人の体調や服用中の他の薬剤の有無などをはっきりと伝えていただくことが大切です。また、他の人に自分の処方薬を渡すことがないようにすることも、必要です。

このページトップへ