不妊と漢方

 

漢方医学の歴史

 

日本への大陸からの医学書の伝来は6から7世紀に始まり、鎌倉・南北朝時代には宋の医学書が伝えられ、医療の対象も一般市民に広がっていきました。室町時代には日本ではじめて医学書が出版されました。
室町末期から安土桃山時代に曲直瀬道三(まなせ どうさん)などが積極的に医学を広め、江戸時代前期には後世方派とよばれ、主な考え方とされていました。
その後、「傷寒論」を基にした古方派の考え方が広がりました。その後の日本漢方に大きな影響を与えることとなります。気血水学説が確立されたのもこの時期です。
江戸後期には古典文献を整理し、客観的に解明しようとした考証学派が中心となっていました。
明治時代になり西洋化のため、漢方医学に関心は薄れていきました。
昭和になり漢方は徐々に注目され始め、現代医学の中で単独だけではなく、西洋医学との併用により効果を発揮しています。

このページトップへ