不妊と漢方

 

漢方薬の服用法

 

漢方薬

漢方薬といえば 煎じ薬と思われる方が多いですが、他にも剤形があり、生薬を粉末にした散剤、散剤にハチミツなどを加えて固めた丸剤などもあります。


現在、健康保険で使われている漢方薬のほとんどが、エキス製剤です。エキス製剤は、湯剤、散剤、丸剤の成分をインスタント飲料のように濃縮し粉末状にしたものです。煎じ薬は、より患者様の体質にあった処方となりますが、ほぼ毎日1時間弱かけてとろ火で煎じなければならず、長期保存も出来ません。その点、エキス製剤は、携帯に便利で手間が掛からない利点があります。


漢方薬の服用は、食前または食間となっています。それは、吸収率が良いのと食事内容の影響を受けないためです。しかし、服用を忘れたり、空腹時に服用することにより胃部症状の出る方は、食後の服用でも効果は十分に期待できます。続けて服用していくことが、大切です。また、併用可能な薬剤も30分あけて服用することが望ましく、お茶やコーヒーなどを飲む場合も同様です。


エキス製剤は、湯飲みに半分よりやや多めの熱湯でよく溶かし、少し冷まして服用します。2種類以上を混ぜる場合もお湯の量は同じです。溶かすことが出来ないときは、エキス剤を口に含んでお湯を少しずつ飲み、溶かしながら服用します。飲みにくいときは、ハチミツや砂糖を混ぜると飲みやすくなります。


このページトップへ