HOME > 不妊診療 > 着床トップページ > 当院での着床不全に対する治療

着床

 

当院での着床不全に対する治療

 

当院では、子宮内膜ポリープ、粘膜下子宮筋腫のタイプの小さいものや、子宮内腔癒着に対して、積極的に子宮鏡による手術を行っています。大きいものについては他院へ紹介させていただく場合がございます。
子宮内膜炎に対しては、抗生剤を使った治療および効果判定を行っています。
また二次的な治療効果として、内膜生検および子宮鏡検査による着床率の改善効果も期待されます。

 

 

当院の検査をご希望の場合は、お問い合わせの上、不妊診療の時間帯にお越しください。
診療時間は、こちらでご確認ください。

このページトップへ