HOME > 不妊診療 > 着床トップページ > 妊娠成立のしくみ

着床

 

当院での着床不全検査

 

着床不全に関わる子宮因子の診断と治療を目的とし、子宮内膜ポリープ、粘膜下子宮筋腫子宮内腔癒着、子宮内膜炎などの有無を調べます。

 

・子宮内腔分泌物培養検査

子宮の入り口より細い綿棒を入れ、子宮内の分泌物を採取します。

 

・ヒステロファイバースコープ

子宮入り口より子宮鏡という細いカメラを入れ、カメラの先から液体を注入しながら子宮腔内を拡大し、ポリープや筋腫等の有無を調べます。子宮腔内を直接観察するので超音波で診断が難しい小さな病変を診断するのに適しています。

 

・内膜生検

キュレットゾンデという細い器具を用いて子宮内膜を少量採取します。特別な病理検査という方法を用いて、異常な子宮内膜の炎症が無いかどうか調べます。

このページトップへ