• 着床トップページへ
  • 妊娠成立のしくみ
  • Implantation window
  • 着床とImplantation window
  • 子宮内膜生検・日付診
  • 反復着床不全の原因と治療
  • 子宮内膜ポリープ
  • 子宮筋腫
  • 慢性子宮内膜炎
  • 子宮内腔癒着
  • 先天性子宮形態異常
  • 子宮内膜増殖症
  • 免疫学的原因
  • 当院での着床不全検査
  • そのほかの検査
  • 当院での着床不全に対する治療

 

オーク会ブログへ

 

  • オーク住吉産婦人科
  • オークなんばレディースクリニック
  • オーク梅田レディースクリニック

着床

 

反復着床不全の原因と検査・治療

 

  • 子宮内腔癒着

子宮内腔癒着とは、子宮内膜が炎症を起こし、内膜の組織同士がくっついてしまった状態です。アッシャーマン症候群とも呼ばれます。

帝王切開や妊娠中絶そのほかの子宮に対する手術や結核菌による感染などが原因となっておこります。子宮内腔で癒着が起きると、子宮の筋肉の活動を制限してしまい、子宮内膜に必要な卵巣ホルモンが十分に行き渡らないため、子宮内膜が十分な厚さに成長しない可能性が報告されています。その結果、着床不全や流産、また癒着胎盤を引き起こす原因となることもあります(Charles MM. Seminars In Reproductive Medicine; 2011,Vol 29, No.2, p83-94) 。子宮卵管造影や子宮鏡で診断される場合が多く、治療はおもに子宮鏡を用いて行います。

 

子宮内腔癒着イメージ

子宮内腔癒着
出典


 

このページトップへ