IFCE-子宮内膜再生技術

 

IFCEのテクニック

 

  その他の子宮内膜へのアプローチ

・薄い子宮内膜に対する顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)製剤の子宮内投与
胚着床には7mm以上の子宮内膜厚が必要とする多くの報告があります。G-CSF製剤は国内で承認を受けた注射剤(顆粒球増加作用)で、広く日常の診療に用いられています。子宮内膜が薄い不妊女性に対して、胚移植に先立って子宮内腔にG-CSFすることにより、子宮内膜の厚さが改善し、妊娠率が大幅に向上したことが報告されました(Gleicher N, et al., Fertility and Sterility 2011; 95: 2123.e13-e17.)。従来の方法では子宮内膜厚が薄いままの患者様には、インフォームドコンセントのもと、子宮内腔へのG-CSF投与を行なっています。

 

・ヒト絨毛性ゴナドトロピン(HCG) の子宮内投与

HCGの胚移植直前に子宮内に少量注入による妊娠成績改善が発表されました (Mansour R, et al., Fertility and Sterility 2011; 96: 1370-1374.e1.)。ご希望により受けていただけます。

このページトップへ
  • 不妊診療トップページへ
  • IFCE(子宮内膜再生技術)トップページへ
  • IFCEが開発されるまで
  • IFCEのテクニック
  • 子宮内膜ポリープの有無
  • 器具へのこだわり
  • 着床に望ましい部位
  • その他の子宮内膜へのアプローチ
  • ETのテクニック
  • IFCEを受けていただくにあたって

 

オーク会不妊ブログへ

 

  • オーク住吉産婦人科
  • オークなんばレディースクリニック
  • オーク梅田レディースクリニック
  • オーク銀座レディースクリニック