IFCE-子宮内膜再生技術

 

IFCEのテクニック

 

  着床に望ましい部位

成功した胚着床の約9割は、子宮底部で起こります。

この部分の微小血流や分子発現状態が 胚を受け入れるのに最適な環境であると考えられています(Jinno M, et al., Fertility and Sterility, 2001; 76: 1168-1174)。

当院では、各患者様の子宮形態を把握し、この部位を意識し、狙って生検およびその後の胚移植行なっています。

このページトップへ
  • 不妊診療トップページへ
  • IFCE(子宮内膜再生技術)トップページへ
  • IFCEが開発されるまで
  • IFCEのテクニック
  • 子宮内膜ポリープの有無
  • 器具へのこだわり
  • 着床に望ましい部位
  • その他の子宮内膜へのアプローチ
  • ETのテクニック
  • IFCEを受けていただくにあたって

 

オーク会不妊ブログへ

 

  • オーク住吉産婦人科
  • オークなんばレディースクリニック
  • オーク梅田レディースクリニック
  • オーク銀座レディースクリニック