不妊症、各種検査から体外受精・顕微授精の高度生殖医療技術までをカバー

当院でIVF(胚盤胞移植)を希望される患者様へ
高額なERAを無料で受けられるチャンスです

当院では子宮内膜着床能(ERA)検査の有用性についての臨床研究に取り組んでいます。

11ヶ国が参加する、国際的な臨床研究としては最大規模のものです。

 

[ 参加国 ]

・ スペイン ・ アメリカ合衆国 ・ セルビア
・ ベルギー ・ メキシコ ・ ブラジル
・ ブルガリア ・ トルコ ・ 日本
・ パナマ ・ シンガポール  

 

 

ERA(Endometrial Receptivity Analysis)検査とは?

融解胚盤胞を移植する場合、移植する日の内膜が着床可能状態にあるかどうかを、遺伝子レベルで調べる検査です。
※検査周期では検査のみで、移植は行いません。
詳しくはERAのページでご確認ください。

 

 

ご参加いただける患者様は・・・

  • ・ 37歳以下の方
  • ・ BMI:18.5以上30以下の方
  • ・ 卵巣機能に異常のない方(低温期FSH値が8未満の方)
  • ・ 胚盤胞移植をご希望の方
  • ・ 新鮮胚盤胞及び融解胚盤胞移植の治療回数が3回以下の方
  • ・ 流産経験が2回以内の方
  • ・ 明らかな不妊症の原因となる因子のない方
  • ・ 治療が必要な婦人科疾患をお持ちでない方

 

※参加希望された方のうち上記資格を満たす方を無作為に3グループに振り分け、下記の治療を行います。

Aグループ:採卵・新鮮胚盤胞移植
Bグループ:採卵・胚盤胞凍結→融解胚盤胞移植
Cグループ:採卵・胚盤胞凍結→ERA検査(無料)→融解胚盤胞移植

※A、Bグループの患者様は研究対象の周期でご妊娠されなかった場合、後の周期に無料でERAを行います。

※ご希望の方が定数を超えた場合や、参加基準に合わない場合はご参加いただけないこともあります。

 

 

参加をご希望される方はスタッフまでお申し出ください。

このページトップへ戻る

医療法人オーク会は、開院以来、多くの女性の悩みに耳を傾け、実績と信頼を築き、大阪だけに留まらず、関西を中心に広く全国から通院いただいております。
特に不妊診療では、各種検査から体外受精・人工授精・顕微授精まで高度な技術を幅広くカバーしております。不妊の原因によって、お一人お一人にあった方法で不妊治療を進めていきます。2016年10月には、東京・銀座にもリプロダクションセンターを備えたクリニックをオープンしました。お悩みの方は、是非一度ご相談ください。