Home > 婦人科(産婦人科) > 卵巣の病気


大阪の婦人科(産婦人科)。女性はとてもデリケートです。
子宮・卵巣の病気

卵巣の病気

卵巣のう腫(卵巣嚢腫)

卵巣にはいろいろな種類の嚢腫、腫瘍ができます。外来の超音波検査で容易にわかりますが、症状があまりでないために受診されず、気がついた時には大きくなっていたということがあります。大きくなると妊娠、出産の妨げになったり、茎捻転といってねじれてしまったり、悪性化していることもあるので、基本的は手術をすることになります。


ただ、一方で、月経周期にともなって一時的に卵巣が腫れる場合があります。この機能的に水がたまっているだけの状態であれば、数ヶ月以内に自然消失するので経過観察となります。


手術は開腹手術、腹腔鏡下手術、超音波下での吸引手術を、卵巣嚢腫、腫瘍の状態や各種検査をふまえて選択します。

トップへ戻る

多嚢胞性卵巣(PCO)

ホルモンのバランスが崩れ、卵胞が硬く腫れて、排卵しにくい状態となります。排卵障害、無月経の原因となる病気です。


不妊症の方の場合には、飲み薬や注射の排卵誘発剤で治療を行います。しかし、たくさん卵胞ができて、そのまま排卵させてしまうと多胎になってしまうことがありますので、その場合には体外受精が必要になります。あるいは、腹腔鏡(ラパロスコープ)下に卵巣の表面に小さな穴をいくつも開ける手術があります。この手術を行うと、半年程度は自然の排卵が期待できます。


一方、妊娠の予定がない方には、病気が進行して将来の妊娠に差し支えないように、低用量ピルなどを用いることをお勧めしています。また、この病気の嫌なところは、肥満、ニキビ、多毛を伴うところです。これらの症状が低容量ピルでもコントロールできないときには、肥満にはダイエット、ニキビにはケミカルピーリング、多毛にはレーザー脱毛などを組み合わせながら治療を進めています。

トップへ戻る

婦人科(産婦人科)トップに戻る
  • 生理のトラブル
  • 生理痛(月経困難症)
  • 生理不順(月経不順)
  • 不正性器出血
  • 月経移動
  • 子宮・卵巣の病気
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症・子宮腺筋症
  • 卵巣のう腫(卵巣嚢腫)
  • 多嚢胞性卵巣(PCO)
  • おりもの・性行為感染
  • おりもの・かゆみ
  • 性行為感染症(STD)
  • 避妊
  • 低用量ピル
  • 緊急避妊ピル
  • リング
  • 人工妊娠中絶
  • 人工妊娠中絶について
  • 初期(12週未満)の中絶
  • 人工妊娠中絶手術の流れ(初期中絶)
  • 一般的な受診スケジュール(初期中絶手術)
  • 安全面への配慮
  • 中期(12週以降21週6日まで)の中絶
  • 人工妊娠中絶手術の流れ(中期中絶)
  • 一般的な受診スケジュール
  • 出産育児一時金について
  • 人工妊娠中絶手術の料金
  • 婦人科検診
  • 子宮がん検診
  • 子宮頸がんワクチン
  • 乳がん検診
  • ブライダルチェック
  • サージセンターのご案内
  • 婦人科その他
  • メディカル・ビューティ

 

婦人科(産婦人科)の診療ならオーク住吉産婦人科
婦人科(産婦人科)の診療ならオークなんばレディースクリニック
婦人科(産婦人科)の診療ならオーク梅田レディースクリニック

【医療法人オーク会:不妊診療(体外受精・人工授精)、婦人科(産婦人科)】 
私たちは、開院以来、大阪の地で多くの女性の悩みに耳を傾け、実績と信頼を築いてまいりました。大阪だけに留まらず、関西を中心に広く全国から通院いただいております。婦人科疾患や女性特有の症状でお悩みの方は、是非一度ご相談ください。
オーク住吉産婦人科:大阪市西成区玉出西2-7-9 TEL.06-4398-1000
オークなんばレディースクリニック:大阪市浪速区難波中2-10-70 パークスタワー8階 TEL.06-4396-7520
オーク梅田レディースクリニック:大阪市北区曽根崎新地1-3-16  京富ビル9階  TEL.06-6348-1511