乳がん検診

 

乳がん検診の方法

 

乳がん検診の方法は、

  1. 視診・触診
  2. マンモグラフィ(乳房X線撮影)
  3. 超音波

で行われるのが一般的です。視診・触診は自分でも行うことができます。月に一度はセルフ検診を行いましょう。

 

乳がん検診というと、まずマンモグラフィを連想しますが、実は検査法には年齢によって適、不適があります。これは、乳房を構成する乳腺組織部分と脂肪部分の割合が年齢よって変化するため腫瘤(がん)の描出能に差が出るためです。

 

マンモグラフィでは、乳がんは乳腺組織と等濃度かやや高濃度でX線写真上に白く写ってくるため、乳腺組織の割合の多い30代女性のマンモグラフィでは腫瘤が正常乳腺と重なって隠されてしまったり、乳腺と腫瘤の判別がつきにくい場合があります。(雪の中の白ウサギを探すようなイメージ) 

40代以降になり、乳腺組織に対する脂肪の割合が増えるとマンモグラフィの有効性が増します。(X線写真上脂肪は黒く、がんなどの腫瘤は白く写り区別がつきやすくなるため)

 

超音波検査では、乳腺は白っぽく映り、乳がんなどの腫瘤は黒く映るものが多いので、乳腺組織の多い20~30代では、超音波検査の方が、腫瘤の判別がしやすいことがあります。

 

マンモグラフィ撮影画像

超音波検査撮影画像


 

知っておきたいのは、マンモグラフィにせよ、超音波にせよ、100%全てのがんを発見できるものではなく、がんでも大変小さいうちは見つけることはできず、見落としもあります。今年見つけることができなくても、来年受診していただければがんもまだそんなに育っていないので間に合うと考えて、年に一度は乳がん検診を受診ください。

 

ただし、初期の乳がんのほとんどは自覚症状の無いことが多く、「乳がん検診」はこういった自覚症状の無い人を対象とするもので、自分で触れてみて明らかに硬いしこりがある、乳頭から血性の分泌物が出るという症状があれば、乳房を専門とする「乳腺外科」もしくは「乳腺外来」のある病院、「ブレスト(乳腺)クリニック」といった専門医を受診しましょう。また、実際にしこりがあってもその8割程度は乳がんではない良性のものですので、怖いからといって放っておかないでできるだけ早く専門医に診てもらいましょう。

 

このページトップへ
  • 婦人科トップページ
  • 乳がんについて
  • 乳がん検診の方法
  • 乳房の症状
  • 乳頭分泌
  • しこり
  • 女性のがん

 

 

  • オーク住吉産婦人科
  • オークなんばレディースクリニック
  • オーク梅田レディースクリニック