乳がん検診

 

乳がんについて

 

日本で乳がんにかかる人は、欧米に比べて少ないとされていましたが、ライフスタイルが変化するにつれて年々増加傾向にあり、現在では年間約40,000人が乳がんにかかり、10,000人以上の方が亡くなっています。また、統計的には30~60代の女性の約20人に1人が乳がんにかかるといわれています。

 

 

 

乳がんにかかる年齢層は30代後半から急激に増え、40代でピークになります。社会的、家庭的役割の大きいこの世代で乳がんにかかり、また死亡する人も多いということが大きな問題となっています。

 

 

乳がんは比較的進行が遅いがんといわれています。がん細胞が触ってわかるくらいの大きさになるまで10年くらいかかるとすれば、罹患数の多い40代で見つかるがんを30代で発見できれば、がんの芽をつむことになります。
ただし、「がんの芽」といっても「できたばかりのがん細胞」とか「1mmくらいのがん」を発見するのは無理と思われます。乳がんは2cmまでに見つかれば、9割は助かるといわれますので、これを1cmくらいの大きさで見つけるように定期的な検診をうけて早期のうちに見つけましょう。

 

このページトップへ
  • 婦人科トップページ
  • 乳がんについて
  • 乳がん検診の方法
  • 乳房の症状
  • 乳頭分泌
  • しこり
  • 女性のがん

 

 

  • オーク住吉産婦人科
  • オークなんばレディースクリニック
  • オーク梅田レディースクリニック